スズメの少子化、カラスのいじめ 身近な鳥の不思議な世界 [ソフトバンク新書]

著者 :
  • ソフトバンククリエイティブ
3.61
  • (5)
  • (4)
  • (7)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 48
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797335644

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • スズメ、カラス、ハトを中心に、鳥に関する雑学を、フレンドリーに紹介。
    難しい内容は全くなし。読みやすい。
    遊ぶカラス、動画を探して見てみたい。

  • ユーモアがあり、読みやすい文章で楽しくすいすい読めたし、知らなかった情報に驚かされたり、自分も知っている情報に「うんうん」とうなずいたりした。

  • 色がわからなくても鳥は見分けられる
    スズメの寿命についてはよくわかっていないが、平均寿命では1年3ヶ月とのデータがある
    スズメはぼーっとしていたら生き残れないし、タカはとろいスズメがいなと食物にありつけないようだった
    もともと洞で寝る鳥たちは冬の巣箱もねぐらとして利用する

    「声が太くしわがれ、さえずりをもたない」
    「雌雄の姿に差がない」「貯食という習性がある」「足を器用に使える」
    カラスの子はひと冬生きのびても、翌年はまだ繁殖できない
    「ハシブトはよくホッピングもするが、ハシボソはほとんどウォーキングではないか」

    英語でハトを意味する「dove(ダブ)」という名が乳製品によく使われるのも・・・
    腰を上下させるセキレイは、いざなみの尊といざなぎの尊が交わり方を教わった、と日本書記に記されている、いわばセックスの神様みたいな存在

  • [ 内容 ]
    スズメと他の小鳥を見分けられれば、身の周りにいるたくさんの野鳥に気づく。
    カラスを知ろうとすれば、都市や文明のあり方まで考えさせられる。
    たかが鳥とあなどるなかれ。
    そこかしこで日々さまざまなドラマが展開されているのだ。
    散歩ついでに鳥たちを観察するだけで意外なほど面白い世界が開けてくる、野鳥入門書の決定版。

    [ 目次 ]
    第1章 スズメの不思議(スズメの間違い探し 全部スズメだと思っていませんか? ほか)
    第2章 カラスの謎(カラスを見分け、聞き分ける カラスはサルより賢い? ほか)
    第3章 ハトを楽しむ(ドバーっといるのはドバト ペアでいるのはキジバト ほか)
    第4章 気づけば楽しい隣人たち(スズメより小さければメジロ 腰を振るのはセキレイ ほか)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 新書

全6件中 1 - 6件を表示

プロフィール

1956年、東京都生まれ。1981年、日本で初めてのサンクチュアリ「ウトナイ湖サンクチュアリ」にチーフレンジャーとして赴任する。現在は「日本野鳥の会」主席研究員として、野鳥や自然観察、環境教育などをテーマに講演、ツアー講師などで全国や世界各地を巡る。

安西英明の作品

ツイートする