たのしいRuby 第2版 Rubyではじめる気軽なプログラミング

  • ソフトバンククリエイティブ
3.48
  • (17)
  • (30)
  • (87)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 393
レビュー : 17
  • Amazon.co.jp ・本 (489ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797336610

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 仕事でRubyを使い始めた時に購入しました。
    基礎的な内容から丁寧に説明されており、プログラミング未経験者にも安心して紹介できる本でした。

  • 今まで読んだ技術書の中で一番おもしろく読めた

  • バージョンがちょっと古いのと、オライリーのはじめてのrubyを読んでたので、重複が目立った。好みはあると思うけど。

  • うむ。

    入社以来読みふけっていたんだが、

  • プログラミングの初歩から、Rubyを学べる良書です。
    レンタルサーバーなどでRubyのCGIを動かしたい方は、この本でRubyの基礎を学んだ後で、「Rubyで作るWebアプリケーション入門」を読む事をお薦めします。

  • Ruby入門書の定番!!
    Rubyの父 まつもとゆきひろ氏も絶賛!!

  • まぁ、なんというか、いわゆる「入門」の本です。
    イイカンジに広い範囲を網羅してあって、あまり複雑なことを言って初心者を混乱させたりしないように、よく配慮されてます。

    でも、他の言語で既に経験を積んでる人にも、実はそれほど悪くない本です。
    さらっと「Rubyひとめぐり」をして、慣れた言語との違いを眺めるっていう、ツアー案内としてどうぞ。
    それだけで、軽くRubyの全体像がつかめます。

  • Ruby関連の本色々よんだけど、これが一番読みやすくわかりやすかった。
    この本で出ないことはリファレンス読むんだほうが早い!

  • Javaの勉強が終わってある程度PGを組めるようになったら勉強予定。
    その入門の候補の一つ。

  • Ruby初心者としては痒いところに手が届くいい本。
    特に、Ruby特有のハッシュや、正規表現、イテレータやブロックに関する内容は非常に分かりやすく、かつ深い。

全17件中 1 - 10件を表示

プロフィール

札幌出身。北海道大学卒。Webアプリケーションの開発に従事する傍ら、日本Rubyの会を設立し、 以降現在まで同会代表をつとめる。2010年からは株式会社達人出版会にて電子出版事業に注力中。 著書に『たのしいRuby』『Rails3レシピブック 190の技』(共著)など。 好きなメソッドはattr_accessor。 好きな作家は新井素子。

高橋征義の作品

たのしいRuby 第2版 Rubyではじめる気軽なプログラミングを本棚に登録しているひと

ツイートする