YouTube革命 テレビ業界を震撼させる「動画共有」ビジネスのゆくえ [ソフトバンク新書]

著者 :
  • ソフトバンククリエイティブ
3.17
  • (2)
  • (20)
  • (65)
  • (6)
  • (1)
本棚登録 : 187
レビュー : 26
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797339031

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ソフトバンククリエイティブ
    神田 敏晶



    おもろいおもろい。
    世の中変わっていくのですねグルグルと。

    でもそんなのって、一部の恵まれた人の話だとも思うわけさ。
    PCよりも日々の食事にこまってる人も世界にはたくさんいるわけだしさ。
    そっちのほうが大事じゃない?とも思う。


    まあ、それを認識させるのもメディアの仕事かな。
    そういう意味では、YouTubeにできることって、多いとは思うのです。

  • youtube、ニコニコの存在する意味をもう少し勉強しないとなぁ。

  • ゼミ論のために読んだ本。
    意外に楽しい!!

    パソコンの前で読んで、気になったらパソコンで検索

    って読み方をおすすめします☆

  • レビュー:

    購入日:不明
    読書期間:不明〜不明
    所在:自宅

  • 視聴者に新たな動画との接点を提供し、
    テレビ界からは目の敵にされているいわずと知れた動画共有サイト
    YouTube

    そのすばらしさを称えた本なのですが…。
    どうにも根拠が薄い気がしてなりません。

    テレビにとって代わるほどのっていう根拠の迫力に欠けるのかな。

    何でだろう?

    一方的に「すごい」「いい」といわれてしまうと逆に腑に落ちないんですよね。



    ソフトバンククリエイティブ
    から出されてる本ってなんだか説得力不足な本が多い気がするのは気のせいか?

  • 参院選にも立候補していた神田氏の実践報告。本ではCGCMという言葉を使っているけれど、バイラルマーケティングとかステルスマーケティングとかの萌芽報告。さあ、次を考えよう。

  • 卒論用。著作権問題とかをかなりポジティブに考えられる。

  • YouTubeだけにスポットを当てた本というのも珍しい。著者がビデオジャーナリストとして日本発のテレビ&YouTube配信を同時に行うテレビ局を開局しており、この辺のことにはかなり詳しいし、とても面白い。
    最後の方では著作権などについても触れており、いろいろ考えさせられる。

  • 2006年にグーグルに買収されたユーチューブについて書かれた本。文字→写真→画像への変化はいずれは来るのでしょうが、まだまだという感じです。そこを押さえてきたグーグルに期待してます。図書館予約数は0(07/05/21現在)です。

  • テレビ2.0時代はこう読め!
    「Web2.0でビジネスが変わる」
    (ソフトバンク新書)において消費者メディア(CGM)へのパワーシフトを予見した気鋭のジャーナリストが、マスメディアのオルターナティブとしてのYouTube、ビジネスとしてのYouTubeの可能性を探る。

全26件中 11 - 20件を表示

神田敏晶の作品

ツイートする