イヌ好きが気になる50の疑問 なぜ吠えるの?ダックスの足が短いのは?人の言葉はどこまで理解できるの? (サイエンス・アイ新書 24)

著者 :
  • SBクリエイティブ
3.26
  • (1)
  • (5)
  • (11)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 40
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797339253

作品紹介・あらすじ

家族の一員として過ごす時間が長くなれば長くなるほど、愛犬に対する疑問は増えるもの。「なぜ吠えるの?」「夢を見るの?」という素朴な疑問から犬種に関する疑問まで。そこでWebを使ってリサーチを行い、その結果から"知りたい"という要望が多かった50の疑問についてお答えしていきます。愛犬とのハッピーライフに欠かせない一冊です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 適度なボリューム、読みやすい文体

  • 2015年3月新着

  • 著者の体験を通じ、飼い犬について書いてある本。

    しつけなどについては物足りない感もあるが、イラストが豊富ななので入門書としては最適かも。

  • 2011/11/03
    自宅

  • 犬に関するトリビア集。割と有名なものから本当にtrivialなものまで、様々な内容を扱っている。「イヌ好き」という嗜好的でも学術的でもない特定ジャンルが網羅されている点、及び、飼い主の視点から考察が為されている点が助け、まとまりのよい一冊に仕上がっている。

  •  イヌはなぜ人間になつくのか、なぜおしっこするときに片足を上げるのか、イヌも夢を見るのか、といった疑問にソフトな語り口で答えてくれる新書。著者は作家で、獣医とかイヌの専門家という感じではないようなので、あまり専門的な内容にはなっていない。絵や写真が多く、文は少ない。子どもでも読める。
     ヨークシャ・テリアをだいぶ昔2匹飼っていたことがあるだけだが、なんかペラペラめくってみてると面白そうだったので買って読んだ。イヌという種の歴史的な背景が結構説明されていて、いかに人間によって造られた特殊な種であるか、ということが分かった。イヌの記憶力の話とか、イヌやネコの祖先「ミアキス」の話、ブルドッグの顔がつぶれているわけ、など面白い話がたくさんあった。また、犬種によってよく吠えるとかよく走るとか性格が異なる、ということも、これからイヌを飼う人は知っておくべきことだと思う。イヌに関する雑学的な話が中心で、「飼い方」についての具体的な話は少ないが、毎日歯を磨いた方がよい、とかやっぱ飼うのは大変だなあと思った。(10/08/29)

  • リサーチ資料によると、一軒家で室内飼いが43.8パーセント、一軒家で犬小屋飼いが35.6パーセント、マンションアパートで放し飼いが13,6パーセントと続く。

    家族と共に暮らす室内飼いが増えるにつれてペットも家族という認識が浸透していったのだと思う。私自身も子育ての初期と同様、こんな本があるとついつい手に取ってしまう。

  • この本を読むと、「そうなんだ!」と思うことがたくさんあり、
    イネの知識がつきみんなに「へ〜」と言わせることが出来るとおもいます。

全10件中 1 - 10件を表示

イヌ好きが気になる50の疑問 なぜ吠えるの?ダックスの足が短いのは?人の言葉はどこまで理解できるの? (サイエンス・アイ新書 24)のその他の作品

吉田悦子の作品

ツイートする