数学ガール (数学ガールシリーズ 1)

著者 :
  • SBクリエイティブ
3.96
  • (253)
  • (281)
  • (210)
  • (21)
  • (10)
本棚登録 : 3483
レビュー : 300
  • Amazon.co.jp ・本 (344ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797341379

作品紹介・あらすじ

「僕」の心をときめかす、数式と二人の少女。オイラー生誕300年に捧ぐ魅惑の数学物語。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 数学について考えさせられる、参考書のような顔、
    魅力的な登場人物達が青春を数学と共に歩む、小説のような顔、

    その2つが同時に楽しめます。


    私では理解できない数式も出てきました。
    この本をキッカケに数学をもう一度勉強してみようと思いました。

  • "プログラマの数学" を勧められて、間違えて買ってしまった "数学ガール"。 (^^; ま、結城浩氏の著書だから、ハズレではあるまい。気にしないことにして読破。

    冒頭に "もしも、数式の意味がよくわからないときには、数式はながめるだけにして、まずは物語を追ってください。" と書いてくださっているのだが、すっかり言葉に甘えてしまった。 (--; ほ、ほ、他にも読みたい本が山積みなので、詳細を追っかけている時間が…と心の中で言い訳をしつつ…。

    本書は、ちょっと変わった数学書。三人の高校生が、あだち充著の "タッチ" 的な淡い恋の雰囲気を醸しつつ、数式をパズル的に楽しんでいる物語。それが進行しつつ、数式の解説が進む。教科書もこんな感じなら楽しいだろうに…。

    自身を振り返れば、似たような境遇があったことを思い出す。一つ目は中学生の頃で、担任の歴史の先生と図形問題を出し合ってた。放課後にオレに捕まってしまって、専門でもないのに相手をしてくださるとゆー、とても良い先生だった。今も元気にしてらっしゃるだろうか? もう一つは社会人になってから。LaTeX の練習がてら数式を書いていたら、大学で数学を専攻していた頭のいい友だち (私にコンピュータについていろいろ教えてくれた師匠でもある) と、いつの間にか数式バトルをやっていたっけ。もっとも、本書のレベルほどのモノではなく、複雑な式に見えるけど解くとゼロや 1 になるようなヤツで、ちょっとした気付きでアッとゆー間に解決してゆく様がとても美しかったのだ。

    数学は美しい。解にたどり着くまでの試行錯誤は、"アハ! 体験" だ。数学が苦手な人は少なくないと思うが、それは試験のためにやっていたからではないか? クロスワードやナンクロに負けないおもしろさがあるし、美しさはその比ではない。その感動が少しでも多くの人に伝わるように、願わずにいられない。

  • この本に出会えたから私は今も数学を好きでいられている気がします。
    内容的には中学生の頃の自分にはとうてい理解できない難しい数式などが出てきて困惑しながら読み進めました。高校生になった今読み返してみると、当時の疑問点が解消され、それに加えて理解できることにより知識が上乗せされ、数学の美しさ、楽しさに自分自身が感銘を受けた一冊です。

    ちょっと背伸びしてみたいな、っていう人でも全然お勧めできちゃうシリーズです。

  • 繰り返し読みたくなる良書です。なので文庫版が出れば嬉しいですね。なお、数学ガールの公式サイトでは、シリーズ各巻について刷ごとの訂正箇所が紹介されており、数学書という性格上、刷を重ね訂正が無くなったものの購入を勧めます。新刊が出てもしばらくは買い控えが正解です。数式などが間違ってる数学書ほど読みにくいものはありませんので。

  • 数学に少しでも興味があるなら、読んでみた方がいいです。
    数学問題に対面した時の考え方が、きっと少しは変わると思います。
    それ以外にストーリーもあるけど、単純にストーリーを追いかけるだけじゃもったいないような気がしました、個人的には。
    まあ、数学に興味がない人は、多分読むのがつらいかと。

  • 断然、テトラちゃんよりミルカさん推しです。高1くらいで読んでおいたら良かったかなと思うが気にしない。図書館で一緒に数学を勉強してくれるメタルフレームな女の子募集中です。

  • 難しくて理解できない問題のありましたが、日頃何も知らずに使っている公式の意外な姿がわかりとても面白い本でした。
    学びを深めて再度読みたい1冊でした。

  • 物語になっていると読み進めやすい。チクチクする感じがよい。まんまと罠にはまった感じ。

    私が中学か高校のときに読みたかったな。中学だと厳しいかもしれないが、暇な数学の授業中など時間はあったので、年上の人に訊きながらでもできたかもしれない。

    数列ひとつとっても、いろいろな楽しみが溢れているのだとしった。母関数、いつか習ったかなあ。

    本書は、それとなく子供の目に入るところに置くようにしたい。

  • 高校生の「僕」と2人の数学ガールが、あーだこーだと言い合いながら、フィボナッチ数列など数学の問題に取り組むお話。

    18世紀の大数学者オイラーを「われらの師」と呼び、素数や絶対値、方程式・恒等式・不等式・因数分解、母関数や微分、テイラー展開といった「数学の武器」についての理解を掘り進めていく。

    それを追いながら、我々も数学の考え方の一端がわかるようになる(はず)、というわけである。

    数式がいっぱい出てくるけど、正直言って難しくて追う気にはなれず。筋が見えるくらいは追ったけどほとんど読み飛ばした^^;

    「お話(青春小説)」そのものは、(甘酸っぱいを通り越し)酸っぱくていかん。まあ、若い時だったらもうちょっとハマったかもね。

  • タイトルはこんなだけど、中身はハード。
    オイラーの定理の導出まで触れている。

全300件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

結城 浩(ゆうき ひろし)
1963年生まれ。東京都在住のプログラマ、技術ライター。ウィキクローンの1つであるYukiWikiを開発したことで知られ、プログラミングに関する執筆、翻訳を行っている。
Webで公開した作品を元に、小説『数学ガール』を発表、ヒット・代表作となる。同作はコミック化されるとともに、「出版・著作により数学の研究・教育・普及に業績をあげた」ことによって日本数学会賞出版賞を受賞した。

数学ガール (数学ガールシリーズ 1)のその他の作品

数学ガール Kindle版 数学ガール 結城浩

結城浩の作品

数学ガール (数学ガールシリーズ 1)に関連する談話室の質問

数学ガール (数学ガールシリーズ 1)を本棚に登録しているひと

ツイートする