数学ガール (数学ガールシリーズ 1)

著者 :
  • SBクリエイティブ
3.97
  • (253)
  • (280)
  • (208)
  • (21)
  • (10)
本棚登録 : 3452
レビュー : 298
  • Amazon.co.jp ・本 (344ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797341379

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 懐かしい数式が色々。また証明問題とかやってみたい。

  • フィボナッチ数列や、ζ(1)=∞などが題材。数学もっと頑張ってみようと思える一冊。

  • なるほどー!と思うところもあるけど、
    高校くらいまでの数学が得意かつ好きな人じゃないとキツイと思う。
    さらに後半は式をこねくり回して証明をやってるだけで
    面白味に欠けるように感じた。

  • 話題の本だけど、もーだめ。ぜんっぜんわからん。わけわかめ。
    数学好きにはたまらんのか?数式多すぎてほとんど飛ばした。
    なんか情緒がない感じがする・・・っていうか。
    クイズ的なのとか、論理的思考で考える人なら好きなのかなー?
    好き好きが分かれる本だと思いました!
    小川洋子『博士の愛した数式』の方が、私は断然好きです!!
    まあ『数学ガール』は数式マニアの高校生達、『博士の~』は小学生の男の子、だもんね。難易度的には段違いなんだろうけど、『博士の~』は余白があるというか、行間に感情があふれてるというか、そんな感じが好きなのです。

  • ついて行けたのは真ん中くらいまで。
    おもしろかったけど難解でした。

  • こんなに数式だらけだとは思わなかった。
    読めば数学が好きになるかと思ってはじめたけれど、
    ミルカさんとのお話はまったくついていけず、
    テトラちゃんとのお話も最初はなんとか行けたけど、
    すぐにギブアップ。
    数式はすべてとばし、3人の恋の行方だけを楽しみに読んだけど
    それも結論出ず。。。

  • 最後まで読めそうにない。
    数学の好きな方の本なんだろう、たぶん。

  • 二人の数学ガールと主人公のお話。文系はテトラちゃんと一緒に一歩一歩数学を歩んでいける。何で、aやbとx.yを使いわけたりするの?といった素朴な疑問からスタート出来る。
    一方で理系はミルカさんの如才な知識に翻弄されながら主人公と一緒に数学をこれまでより一層丁寧に学ぶことができる。
    主人公の考え方も人間味が溢れていて、とっつきやすい。
    理系に進んでいるひと、進もうと思っているひと、文系だけど数学に憧れたひと、そして数学が嫌いな人にも、この本をオススメしたい。

  • 物事を厳密に表す事がいかに重要か再確認できた。

  • 高校時代に読んだ。
    数学がとても好きで、いつも数学の問題ばかり解いていたが、この本に書いてあったのはいつも解いている数学とは一味違うもので、非常に興味深く感じたのを覚えている。
    数学が好きな人は是非とも読んで欲しいです。

    数学嫌いなやつは知らん。

全298件中 91 - 100件を表示

著者プロフィール

結城 浩(ゆうき ひろし)
1963年生まれ。東京都在住のプログラマ、技術ライター。ウィキクローンの1つであるYukiWikiを開発したことで知られ、プログラミングに関する執筆、翻訳を行っている。
Webで公開した作品を元に、小説『数学ガール』を発表、ヒット・代表作となる。同作はコミック化されるとともに、「出版・著作により数学の研究・教育・普及に業績をあげた」ことによって日本数学会賞出版賞を受賞した。

数学ガール (数学ガールシリーズ 1)のその他の作品

数学ガール Kindle版 数学ガール 結城浩

結城浩の作品

ツイートする