数学ガール (数学ガールシリーズ 1)

著者 :
  • SBクリエイティブ
3.97
  • (253)
  • (280)
  • (208)
  • (21)
  • (10)
本棚登録 : 3454
レビュー : 298
  • Amazon.co.jp ・本 (344ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797341379

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ミルカ派である

  • 難しい!とても!(笑)

    高校で数Ⅱ・Bまではかろうじてやったけれど
    かなりあやふやなので
    半分くらいは?でした。

    だけど
    数式を見て久々にワクワクしました!!!!

    理屈は分からなくても
    この式がこうなるのか!!!!!
    すごい!!!!!
    という感覚的な理解でも
    わたしにとってはおもしろかったです。

  • ミルカさんもテトラちゃんも今ひとつキャラクタが立っていないのだよなあ、あくまでも役割、「僕」を導く人と「僕」を追いかける人にすぎないというか。「美少女」というタグは付いているが、具体的な描写もあまりないし、ライトノベルのように挿絵がある理由でもないし。

  • 中学生の時に母に勧められ読んでみた。
    主人公、ミルカさん、テトラちゃんの3人の織り成す物語に自分も惹かれていった。
    数式などはほとんどが高校・大学レベルのものが多く、理解が難しいが一応数式抜きでも楽しめるようにはなっている。
    数式の意味が全て分かるようになってからもう一度読みたい、そう思わせてくれる本であり、自分を数学へと導いてくれた本でもあった。

  • 数学をちょっとやりたくなって買ってから1年くらい経って、機会があったから開いてみた。実は続刊も一通り揃っている。
    参考までに、私が数学にイマイチ付いていけなくなったのは部分積分とかで公式がゴリゴリ出てきだした辺り。高2か高3か。
    その後の大学の数学(理工系の学部一年でやる感じのやつ)も得意な分野と部分的な理解で何とか試験を乗り切った感じ。

    ストーリーはおまけというかちょっと恥ずかしくなる様なものなのでさておき、数学部分は式の展開や何かが会話形式、人に説明する口調でなされているため、公式バーン、式変形ズドーン、みたいな中高の教科書よりは遥かに分かりやすいし面白い。
    それなりにぶっ飛ばしたりするところもあるが、そこは理解したい人はちゃんと手を動かして理解しなさい、ということだろう。

    本書で母関数といういものに初めて出会ったが、テクニカルで格好良いけどとても真似できそうにないなぁ。
    まぁ一読しただけで修得した気になる類の本ではないのは間違いない。

  • 割りと簡単でした。
    内容はほとんどネットにより詳しいのがあるので、それで補完すればよいかと。ほんとは図書館であさるのがいいんだけど。

  • 物語部分は分かったような分からないような~高校生になった僕は,桜を見上げている同級生の女の子・ミルカに1・1・2・3の次という問題を出されて,5・8と答えた。フィナボッチ数列だ。6・2・8・2・10・18の次にも4・12・10・6と答えたが,円周率を2倍した各桁をという非道い問題だ。教室や図書室で,僕の解いている問題に割り込んで来る数学好き二人の関係が始まった。高校二年の春,僕に憧れているというデルタという後輩が絡んで複雑になる。「正の整数nが与えられたとき,nの「約数の和」を求める方法を示せ」とか,数列から母関数を考え,母関数の綴じられた式から数列の一般項を求める。相加平均≧相乗平均を用いたり,連続的な世界と離散的な世界を行ったり来たり。<Cn>=<1,1,2,5,14,…>を用いたり,コンボリューションという手法を用いたり。ハーモニック・ナンバーとζ関数。テーラー展開(冪級数(5!みたいな)展開)とバーゼル問題(πの2乗を6で割る)。村木先生からは整数の分割数問題が出される~最愛の妻と二人の息子に捧げると書いてありますが,どういう経歴の人でしょう。二人の女の子に囲まれて幸せな男子高校生ですねぇ…羨ましい。さて…2も読むか…

  • 数学ガール-1。
    C0041

  • 読み終わったけど、腰を据えてもっかい読みたい。
    理解できないところがあっても、つい先に進んでしまう。

全298件中 41 - 50件を表示

著者プロフィール

結城 浩(ゆうき ひろし)
1963年生まれ。東京都在住のプログラマ、技術ライター。ウィキクローンの1つであるYukiWikiを開発したことで知られ、プログラミングに関する執筆、翻訳を行っている。
Webで公開した作品を元に、小説『数学ガール』を発表、ヒット・代表作となる。同作はコミック化されるとともに、「出版・著作により数学の研究・教育・普及に業績をあげた」ことによって日本数学会賞出版賞を受賞した。

数学ガール (数学ガールシリーズ 1)のその他の作品

数学ガール Kindle版 数学ガール 結城浩

結城浩の作品

ツイートする