数学ガール (数学ガールシリーズ 1)

著者 :
  • SBクリエイティブ
3.97
  • (253)
  • (280)
  • (208)
  • (21)
  • (10)
本棚登録 : 3456
レビュー : 298
  • Amazon.co.jp ・本 (344ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797341379

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読み終えてみて数学に対する考え方がとても改まったと感じます。何の勉強でもそうですけど、「難問を解けるように修練しなければならない」よりは「もっと学問の深くて楽しい世界を知りたい」と思って学ぶ方が絶対良いですよね。内容的には数学Ⅲの微分まで履修していれば(多分ⅡBまででも)大方理解出来る感じで、高校数学に直結すると言うよりは、より広い視野で数学に対する興味を煽ってくれる本でした。僕はミルカさん派です。

  • 高校生の主人公と同級生、後輩の少女と共にひとつの数式から展開して様々な解釈に。内容すべてを飲み込むことは出来なかったが数学のおもしろさを再認識。

  • ようやく飛ばし飛ばしで半分まで読んだ…
    微積全く覚えて無いよ。というかそこで挫折して文系三教科になったんだよ。全然わからん。
    Kindle貸した理系が「面白かったよ」と三冊読了していて悔しいので読み切らんと…

  • 紙とペンを使いながら読んだ本は初めてだったかも。通勤の合間よりも時間が取れるときにじっくり読むほうが良いと思いました。ミルカさんのやや強引な行動力を見習いたいです。

  • とっつきやすいと思うが、数学が苦手な人には読むのが厳しいかもしれない。嫌いな人が好きになるというよりも、好きな人がより好きになるには最適だと思う。

  • 自分に数学の素養が無いので途中から理解が追いつかなくなり楽しめなかった。

  • 数式が追えれば楽しいかもしれないけど、真剣に解かないと難しい

  • 内容はちんぷんかんぷんだけど、読み物としてはすてきだと思う。
    数学って意外にこつこつ地道な作業なんだなって思った。ひらめきとか直感の世界かと思ってたけど、結局経験と根気が必要なんだなって。
    とりあえずは算数からやり直そうかな!

  • 高校の時に読んでいたら数学者になっていたかもしれない。

  • 数学のおもしろさをいかにして表現するかという形で考えられた新しい書物だと感じた。知っている事ばかりだったが、人に教える時はこうすれば良いのかというのがよくわかったし参考になった。

全298件中 61 - 70件を表示

著者プロフィール

結城 浩(ゆうき ひろし)
1963年生まれ。東京都在住のプログラマ、技術ライター。ウィキクローンの1つであるYukiWikiを開発したことで知られ、プログラミングに関する執筆、翻訳を行っている。
Webで公開した作品を元に、小説『数学ガール』を発表、ヒット・代表作となる。同作はコミック化されるとともに、「出版・著作により数学の研究・教育・普及に業績をあげた」ことによって日本数学会賞出版賞を受賞した。

数学ガール (数学ガールシリーズ 1)のその他の作品

数学ガール Kindle版 数学ガール 結城浩

結城浩の作品

ツイートする