名作マンガの間取り

著者 :
  • SBクリエイティブ
3.36
  • (10)
  • (20)
  • (49)
  • (7)
  • (1)
本棚登録 : 230
レビュー : 42
  • Amazon.co.jp ・本 (112ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797342291

作品紹介・あらすじ

あの主人公の住まいをリアルに推測。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ちょっと古いですがサザエさんやドラえもんなど有名な作品たちの間取り図が書かれた本。合計で50種ぐらいあるので資料価値十分ですね。ネタにももってこいです!(/ω\)

  • 有名マンガの主人公が暮らす家の間取り。ただそれだけなんだけど、マニアなら知りたいもんね。

  • 名作マンガの矛盾する情報からとりあえず現実的な住居を設計。序文くらいあってもよかったかな。

  • 間取りを想像して描いちゃう気持ちがすごくよく分かる。「ある住人のつぶやき」コーナーが好き。
    2016/5/23

  • テレビで見ながら「どんな感じになってるんだ?」と思っていた部分を書き起こしてくれた作品。
    漫画の世界の間取りもちゃんと考えられてるんだなぁと感心した。

  • 2008年8月13日読了。

    あの名作マンガの数々の作品に出るお家の間取りを、図面に起こした建築やさんがいました。帯にあるのは「家族構成:父、母、長女一家、長男、二女の7人とネコ一匹」ご存じサザエさん一家、磯野邸ですね。

    他にも、ドラえもんの野比邸、巨人の星の星邸、あたしンちの立花邸、クレヨンしんちゃんの野原邸……すごい、名作ばっかりだ! マニアックなところもいっぱい。

    マンガだけでなくドラマや小説や歌や童話。マンガである程度絵からわかるものならともかく、こんなに想像できるというのも建築やさんならでは。

    ところで天才バカボンは「天才邸」となってますが、バカボンの家は表札に「バカボン」って書いてあったから「バカボン邸」じゃないのかな。

    まぁそんなことはともかく。
    頭の中図面で出来てるんでしょうかね。良い意味で。

  • 2015年5月28日読了。「サザエさん」「ドラえもん」などの漫画やドラマの描写から、住宅・オフィスなどの間取り図を描き起こした本。シーンに応じて出現したりしなかったりする扉・伸縮自在の部屋・めったに現れない風呂トイレなど苦労する点も多いものを建築家の見識で強引にまとめたり、逆にすんなりと間取り図を描き起こすことができて美術の仕事に感嘆したり、色々と面白い作業のようだ。私には読んでいてピンとくる映像作品が少なかったが、「大草原の小さな家」のインガルス一家の間取りが載っていたのは個人的にはヒット。メアリとローラのベッドが2階にあるが、なるほど父さんと母さんは吹き抜け(?)のダイニングから伸び上って二人にお休みを言っていたのか。懐かしいー。

  • 誰もが知っている漫画の『家』の間取り。

    確かに、ここからどう行けばこの部屋に? 等
    気になってはいました。
    それを解決してくれる間取り本!
    どれだけ読みこまねば分からないか…と思いきや
    案外想像で描かれている部分も。

    こうしてみると、何でこんな所に? と
    疑問を持つ間取りも。
    不思議すぎる間取りですが、そこは気にしない?

    とはいえ、3分の1くらしか知っている漫画もなく
    へぇ…というものばかりでした。

  • 変形本で手を取ってみた本。
    ほとんどの漫画は自分はしらないけど、
    建築家だけあって、しっかりと書かれていました。
    というより、しっかりと書こうとした苦労が
    にじみ出ていました。

  • 基本マンガの間取りなんですが、「注文の多い料理店」の間取りが!
    (まっきー)

全42件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1964年福島県郡山市生まれ。宮城県仙台市の建築会社を経て、岩手県盛岡市で不動産業・建築コンサルタントを営む。依頼を受けて描いたプランは3000近い。その設計に行き詰まると、マンガの間取りを作図して息抜き。マンガやテレビで屋内のシーンが出てくると、頭の中でキャドを動かしている自分がいる。さらに江戸時代から平成に至るまで、その時代に登場したマンガの間取りを参考に建物の歴史研究もはじめている。

「2015年 『名作マンガの間取り [新版]』 で使われていた紹介文から引用しています。」

影山明仁の作品

名作マンガの間取りを本棚に登録しているひと

ツイートする