マンガでわかる統計学 素朴な疑問からゆる~く解説 (サイエンス・アイ新書)

著者 :
制作 : メダカカレッジ  森皆 ねじ子 
  • SBクリエイティブ
3.88
  • (18)
  • (31)
  • (19)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 396
レビュー : 27
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797342512

作品紹介・あらすじ

統計学というと「なんだか難しそうだな」と思うかもしれませんが、ポイントをしっかり押さえ、あまり本質的でないところにこだわらなければ、誰にでも確実に理解できます。「統計学ってなに?」という素朴な疑問から、マンガでゆるーく解説し、読み終わったときには、知らないうちに統計学が身についているという、いままでにない統計学の入門書。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 大学の確率統計を思い出すのにはちょうど良い
    しかし、解説の図と文章を一緒に見辛い

  • 統計学とはなにか?という点から勉強を始める方も安心して勉強できる統計学入門書。
    副題の通り、初心者向けの基本的な疑問から、しっかりとしかしマンガを使って難しい部分もゆるーく解説しているので、難しい本を読んでいるという感覚はなく、読み終わったときには知らないうちに統計学が身についているという、いままでにない統計学本となっています。
    初心者・初学者におすすめです!

    ↓利用状況はこちらから↓
    http://lib.nit.ac.jp/webopac/catdbl.do?pkey=BB00519850&initFlg=_RESULT_SET_NOTBIB

  • 著者の大上丈彦氏は、メダカカレッジという教育集団の主催者。よくわからない。証券アナリストの学習で苦戦しているところ、たまたま本屋で紹介されていたのを見て購入。

    感想。とてもよくできた本だと思う。サブタイトルの「ゆるーく解説」、その通り。前半はとてもよく理解できた。大学生の時に受けた講義よりもよっぽどわかりやすい。ただ、一度理解した言葉の定義がどんどん抜けちてしまい、後半読み飛ばさざるを得ない状態になってしまった。これは自分の力不足だ。どこかで定義を一覧にしてくれると頭が整理できて助かる。兎に角説明はとっても丁寧で◎。

    備忘録。をかけない。もう一度、いつか読もう。

  • 堅苦しくなく、よくかみ砕いて書かれているので、わかりやすいです。
    一年半前に読んだ時は、なんとなくわかったような、わからないような、という感じでしたが、
    他の統計の本や授業を受けて、久しぶりに読んでみると、そういうことだったんだ、と理解できたところがたくさんありました。
    それでも途中からすんなり理解することが難しくなってしまったので、また時間をおいて読み直してみたいと思います。

  • ☆信州大学附属図書館の所蔵はこちらです☆
    http://www-lib.shinshu-u.ac.jp/opc/recordID/catalog.bib/BB08009553

  • 図がふんだんに使われていて非常に分かり易い。
    超おすすめ。

  • 面白かった。
    MBAの授業に統計学があるため知識0を補うため購入。

    後半は難しくなってしまいちゃんと理解しているかかなり怪しいですが、これがなければ授業は実用的な計算以外はほとんど理解できなかったと思う。

    ☆3の理由は、書きたい事と書くべき事の混同がたまに見られたかな、という点と、漫画で分かる、と名打ってますが、漫画だけでは分からず、結局は本文が重要だという点でしょうか。
    あと、もうちょっと仮説検定部分があると嬉しかった。

    しかしながら漫画の部分のおかげで挫折せずに読み進められたのは事実で、且つ漫画部分は本文部分の確認として使えるという良さが。

    統計学初心者におすすめできる本です。

  • 導入としてはとても分かりやすかった。
    数式ではなく、言語でわかりやくす伝えてくれるところがよかった。
    これをもとに、別の書籍を読み進めていきたい。

  • 正規分布と標準正規分布、母集団と標本から推定する考え方が理解しやすかった

  • 軽い入門書なのだろうが舐めてはいけません。簡単な言葉で書かれているが難しい。内容をキチンと自分の言葉で説明できればもう専門家。じっくりと理解する価値ありの本。

全27件中 1 - 10件を表示

プロフィール

プログラマ、ディレクター、予備校講師などを経て、2000年に「初心者には優しくする必要はあるが、易しくする必要はない」を合言葉に企画編集プロダクション<メダガカレッジ>を主宰。自らの執筆の傍ら、わかりやすい入門書のためのコンサルティング等を行っている。

「2018年 『眠れなくなるほど面白い 図解 微分積分』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大上丈彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

マンガでわかる統計学 素朴な疑問からゆる~く解説 (サイエンス・アイ新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする