幸せって、なんだっけ 「豊かさ」という幻想を超えて (ソフトバンク新書)

著者 :
  • ソフトバンククリエイティブ
3.89
  • (17)
  • (11)
  • (16)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 108
レビュー : 17
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797343441

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「経済成長=豊かさ=幸せ」

    でもこれって本当?経済成長が、全ての問題を解決してくれるという"思いこみ"が、蔓延しているけれど、自然を壊し、自分の時間をすべて仕事に捧げて次々と新しいものを買っても、すぐに次の「欲しいもの」が作られて、ちっとも幸せになれない。

    自然「ソイル」とつながり、自分「ソウル」とつながり、社会「ソサエティ」とつながる。「経済成長」神話が断ち切ってしまったこの3つのSとの関係を取り戻したら、きっと、もっとクリエイティブで楽しい毎日になる。

    収入が減ってもより満足度が高くなったエクアドルの地域通貨「シントラル」の話が面白かった。

    「成長率でしか語ることのできないこれまでの足し算の経済というものが、結局は大多数の人々の生活と自然環境を犠牲にすることによってしか成り立たない『否定形の経済』だったということ、『もっと、もっと』と消費に人を駆り立てる『豊かさの経済』は、今の自分や自分がもっているモノへの不平不満を煽る『不幸せの経済』だったということ。そして、その代わりに文化や自然の豊かさに支えられながら、同時にそれを支える循環共生型の『肯定形の経済』や『幸せの経済』が必要だということ。」(p204)


    中高生に読んでほしいわかりやすい言葉で、「幸せ」と「豊かさ」と「経済成長」に関する"集団的な思いこみ"を解きほぐしてくれる一冊。




  • ・3/30 読了.つまりは必死になって人間が幸せのために頑張ってきた経済発展、経済成長の次に来る幸せのかたちに早く気付こうという進歩派の考察ね.ここでは従来の経済発展や成長を追い求める姿勢はもう古いと言ってる.確かにね.これ、日本だけの問題じゃないけど、世界一便利な国の日本がいち早く気付いて世界の先を行って欲しいよね.まずはコンビニの24時間営業見直しから始めて.

  • 幸せとは?

    →幸せと豊かさはイコールではなく、むしろ不幸せにしている部分がある
    切り離して考える
    お金より時間が大切であり、全て競争すればいいものでもない

  • 経済成長=幸福を高める、という数十年に渡って信じられてきた「迷信」を明確に否定するスタンスに共感。
    サラリーマン初めて数年、年々感じる違和感は、まさに著者が言う、経済成長=企業の成長は、従業員を幸せにするものではない、むしろ豊かさが不幸をもたらしているのだ、というのがまさに当て嵌まる。
    生き方を見直すきっかけとなりそうだ。

  • 豊かさは人それぞれ

  • [ 内容 ]
    格差社会、地球温暖化、こころの病。
    豊かさを追求してきた経済は結局、人を幸せにはしなかった。
    「豊かさ」=「幸せ」ではないと気づいた今、私たちが向かうべき道とは―。
    経済の発展と人々の不満や不安が相関しあうメカニズムを解き明かし、終わりなき成長を信じて突き進む社会に警鐘を鳴らす一冊。

    [ 目次 ]
    はじめに 人間を幸せにしない経済
    1章 幸せって、なんだっけ
    2章 幸せですか、日本人?
    3章 「豊かさ」の発明
    4章 「豊かさ」を問い直す
    5章 幸せの経済学
    6章 幸せを創るカルチャー・クリエイティブ
    おわりに 幸せを想像する力

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 【NASA推奨/自分を焦らせているもの・不安にさせるものに気づく本】

  • 僕みたいな幼稚園レベルの脳みそを持った人間でも読めちゃう「幸福論」。話しは経済の歴史や問題点から始まるのだけど、とっても簡単にすらすら読めちゃう。僕の考え方や生き方を、ある意味180度変えてしまった一冊。

  • タイトルからは思想系の本と誤解されがちだが、経済の本だ。
    とは言っても、経済的視点から幸せと感じること、すなわち「豊かさ」について異を唱えている。

    自分がなんとなく、もやもや感じていた、社会に対する感覚。その根源はここだったのか、と納得した。

    経済成長=豊かさ、幸せ

    では決してないということを、みんな薄々感づいていながら、そこを認めることができないという現象。
    それはマスメディアと企業が作り出した暗黒のドグマ。

    まずはそこに「気づく」ことから。

  • 幸せや豊かさについていろいろと考えさせられた。
    うーん…

全17件中 1 - 10件を表示

プロフィール

名古屋大学特任教授

辻信一の作品

幸せって、なんだっけ 「豊かさ」という幻想を超えて (ソフトバンク新書)に関連する談話室の質問

幸せって、なんだっけ 「豊かさ」という幻想を超えて (ソフトバンク新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする