2140 ~サープラス・アンナの日記~

制作 : 橋本 恵 
  • SBクリエイティブ
3.86
  • (21)
  • (23)
  • (20)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 131
レビュー : 24
  • Amazon.co.jp ・本 (400ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797343656

作品紹介・あらすじ

子どもが不要となった世界に産み落とされ、収容所で育てられた少女、アンナ。自分を産んだ親を憎みながらも、自らの運命を静かに受け入れていた…。そう、あの"新入り"が来るまでは!-世界中が涙した愛と勇気の物語。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 面白かったが、これだけでは何の解決にもなっていないような。続編に期待。

  • 978-4-7973-4365-6 399p 2008・7・26 初版

  • 舞台は2140年。
    寿命を伸ばすための薬「ロングライフ」が発明され人が死ぬことはなくなった時代。その為人口増加防止のために国家は法律等で子供を産むことを禁止した。
    しかし、それでも子供を産むカップルが絶えない。
    不法に産まれた子供は「サープラス(不必要な存在)」
    として専用の施設に収容され、使用人としての訓練を叩き込まれる。主人公であるアンナはサープラスとして2歳の時に保護され今では最年長の14歳になり監督生となった。そんな中ある日異例でアンナと同い年の少年ピーターが施設に入ってくる………
    最初はアンナの書く日記で始まっていて施設の生活やアンナの気持ちがものすごくリアルに書かれています。後半になってくるとアンナの気持ちの変化や施設から脱出するシーンが細かくかつスリリングにかかれています。作者の筆力が伺えます。

    児童書というのもあるのか、わりかしわかりやすかったり、字が大きかったりしてすらすらと読めて1日で読み終わりました。
    また、続編が出版されており今から読むのが楽しみです。

  • 今まで読んだことのないテーマの本だったなー。
    でも面白かった。
    仮想世界の話だけど、現実味があってこんな世界になりそうだなーなんて。

  • 不老不死の薬が開発された未来の話。
    人工過多により子供を生む事が罪とされる世界で、違法に産み落とされた子供は「サープラス」と呼ばれ、収容所で育てられます。
    主人公のアンナもその「サープラス」の一人。
    物語は彼女の視点で進んでいくので、収容所生活の辛さや彼女の気持ちがひしひしと伝わってきます。

  • アンナに共感するとピーターがうざく感じる不思議。でも言ってることはピーターが普通で、当たり前。でもサープラスとリーガルという境界がある以上、世界観的にはアンナの言っていることもわかるという……。
    其々がリアリティのあるキャラクターで、大変面白かったのですが、これはティーンでも対象年齢は高く、大人向けでもいいかもしれません。
    それほど内容は重いです。
    最後の唐突さが否めませんが、続編に期待。……が、図書館に続編がないとはこれいかに。

  • 2140年、自然科学者たちにより、ガンも心臓病もエイズも治せ、臓器の老化をくいとめる薬「ロングライフ」が開発され、人々は永遠の命「長命」を手に入れた。
    しかし誰も死なず子供ばかり増えたら人口が増えすぎるため、「長命」を放棄すれば子供が一人つくれる「宣言」がなされた。違反したものは捕えられ、子供は「サープラス」と呼ばれ、長命者たち「リーガル」の役にたつ訓練をするための施設「グレンジホール」へと収容された。
    サープラスと呼ばれる子供は、生まれてはいけなかったもの、この世に存在してはいけないものと教え込まれていた。
    ある日グレンジホールに少年ピーターが収容されてきてから、アンナの考えが変わっていく。


    まだ施設にいる子供たち、そして強かな少女シーラはどうなるのか。
    これで終わっていいのか?っていう終わり方をしてます。
    どうやら続編があるらしい。

    タイトルにあるように、アンナは禁止されていた日記をつけていたのです。読んでいて、この日記のせいで大変な目にあうんじゃないの?って思ってたら、その通りでしたね。
    続編では逆にこの日記のおかげで「長命」と「宣言」の制度が変わったりするのでしょうか。

    しかし、アンナにだけ助けがくるって、なんなんでしょ。それまで会ったこともなかったのに自分のことを誰よりも守ってくれる人がいて来てくれるなんてね。

  • 不老不死って、それが達成された、まさにその世代だけが、すべての利益をとるってことなんですよね。
    やっぱりそれはおかしい。と、科学技術が発展する中で、心に留めておかないといけないなと思いました。

  • これを、初めて読んだのは1年前くらい……。
    また、最近読みたくなって図書館から借りてきた。

    やっぱり面白いな~。
    ピーターがすごくいいと思う。
    アンナもかわいいし、そんなアンナを守ろうとするピーターはかっこいい!
    すっごくお似合いの2人。

  • 子供が必要とされなくなった時代。人々はロングライフ『不老不死の薬』を求める。牢獄も同然の中で子供たちが立ち上がる!!!
    とにかく!おもしろかったです★

全24件中 1 - 10件を表示

ジェマ・マリーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
アレックス シア...
綾辻 行人
湊 かなえ
有川 浩
有川 浩
有川 浩
有川 浩
米澤 穂信
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする