楽しく学ぶ数学の基礎 数と式、方程式、関数、あなたのつまずきは、これで解消! (サイエンス・アイ新書)

著者 :
  • SBクリエイティブ
3.60
  • (1)
  • (6)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 84
感想 : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797344066

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 巨大な体系の一部を切り取って理解するのは難しいということです。暗記にはわかったと思い込むことが有用です。

  • 学生の頃、公式を覚える事で数学の問題に解答する事で数学のおもしろさを知ることとのなかった人にお勧めです、「なぜそうなるか?」という部分をわかりやすく解説されています。

  • 中学校で数学を教える著者が、かつて中学で挫折して以来数学が嫌いになった大人に向けて、“(理解できたという)感動”を与えるという目標で、中学数学を基礎的概念から丁寧に段階を踏んで解説した一冊。その教授法は授業者の側としても参考になる

  • 基礎からやり直すのが数学好きになるコツ!
    自分がつまずいたところがわかれば、楽しく学びなおすことができるはずです。
    数学のおもしろさを、この本で再発見してください。

    ↓利用状況はこちらから↓
    https://mlib3.nit.ac.jp/webopac/BB00503416

    • hoshitadaさん
      星田直彦です。
      ご紹介、ありがとうございます!
      星田直彦です。
      ご紹介、ありがとうございます!
      2012/07/11
  • テストの答えを出すことに追われて「どうしてそんな事するの?」という質問が忙殺されていった学生時代。
    あの頃味わえなかった「数学の感動」を味わおうじゃありませんか。

    というコンセプトの元、中学教師の著者が、数学の基礎を優しく解説しています。
    数学に詳しいお兄ちゃん(?)と数学は苦手な妹(?)の掛け合い形式で進行するので、小難しく考えずに読み進むことができます。

    著者いわく「大人の為に書いたはずなのに、中学生にこそ読んで欲しい本になっちゃった」とのこと。
    私も中学時代にこの本に出会えていたら、もう少し数学が好きになっていたかもしれません。

  • 『楽しく学ぶ数学の基礎』(星田直彦、2008年、サイエンスアイ新書)

    小学生~中学生で習う算数・数学の基本を解説しています。もちろん、「そんなの知ってるよ」と思う所も多々あるのですが、以外な発見も多かったです。

    たとえば、「整数を7で割って、割り切れない場合、小数に142857が必ずでてくる」というもの。実際にやってみてびっくりしました(笑)

    8÷7=1.14285714...
    11÷7=1.57142857...
    100÷7=14.2857143...
    365÷7=52.1428571...

    大人になり論理的な考え方ができるようになってから改めて算数や数学を学んでみると、いかに数学が論理的な学問かがよくわかりました。

    (2009年10月10日)

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

星田直彦(ほしだ ただひこ)
1962年、大阪府生まれ。
奈良教育大学大学院修了。
中学校の数学教師を経て、現在、帝塚山大学教授。
クイズ番組『パネルクイズ アタック25』優勝経験者という博覧強記ぶりをいかし、数学の講義では実生活や歴史の話題を駆使。
最近の研究テーマは中学校の数学でつまづく生徒が多い「中1ギャップ」。
算数、中学数学の教科書の執筆のほか、身近な暮らしと算数・数学をむすびつける著書多数。

「2022年 『単位』 で使われていた紹介文から引用しています。」

星田直彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェームス W....
阿部 紘久
J・モーティマー...
デールカーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×