DNA誕生の謎に迫る! 遺伝子の本体DNAはどうつくられたか?構造、進化、複製から起源の謎をひも解く! (サイエンス・アイ新書)

著者 :
  • SBクリエイティブ
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 29
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797346725

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 所在:展示架
    資料ID:11000620
    請求記号:464.27||Ta63

  • DNAはRNAから出来ている。らせん状。たんぱく質→RNA→DNA。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

武村政春(たけむら・まさはる)
一九六九年、三重県津市生まれ。一九九八年、名古屋大学大学院医学研究科修了。医学博士。名古屋大学助手等を経て、現在、東京理科大学理学部第一部教授。専門は、巨大ウイルス学、生物教育学、分子生物学、細胞進化学。著書に『DNA複製の謎に迫る』『生命のセントラルドグマ』『たんぱく質入門』『新しいウイルス入門』『巨大ウイルスと第4のドメイン』(いずれも講談社ブルーバックス)のほか、『レプリカ~文化と進化の複製博物館』(工作舎)、『DNAの複製と変容』(新思索社)、『ベーシック生物学』(裳華房)、『マンガでわかる生化学』(オーム社)など多数。趣味は書物の蒐集、読書、ピアノ、落語、妖怪など。

「2017年 『生物はウイルスが進化させた 巨大ウイルスが語る新たな生命像』 で使われていた紹介文から引用しています。」

武村政春の作品

ツイートする