大人のやりなおし中学生物 木と草の違いはどこにあるの?ごはんをかむとなぜ甘くなる? (サイエンス・アイ新書)

  • SBクリエイティブ
3.72
  • (5)
  • (4)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 46
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797349511

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読了。

  • 三葛館新書 460||SA

    動物、植物の違いから、生物の細胞、進化まで、中学校で学ぶ生物について、全ページカラーのイラストや写真で丁寧に説明されています。興味をひく例とわかりやすい説明、かわいらしいイラストですいすい読み進んでしまいます。中学生の時にこの本に出会っていれば・・・と思ってしまいますが、今からでも遅くはありません!生物を楽しく学びましょう!

    和医大OPAC → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=60235

  • その名の通り、中学レベルの生物の概要をさらーっと復習できる本だと思います。復習できる本だ、と断言できないのは、もはや中学生物がどのくらいまで細かく「生物」を扱っていたかを覚えていないためです。植物の細胞の、リボソームとかミトコンドリアとかが出てこなかったので、それって高校生物だっけ?とわからなくなりましたが、そのくらい読みやすく難しくない内容だということです。それでいて、遺伝子とか細胞とか進化とかを扱ってくれているので、
    読みごたえはあるのです。

  • 著者は、たくさんの理科教育に関する類書を世に送り出している方であるが、本書はそれらの中でも大変分かり易い本で、コラムも生活に密接に関連した新しい話題が多く、楽しく読ませていただきました。また、中学受験生の知識整理にも役立つかもしれないと感じました。

全4件中 1 - 4件を表示

プロフィール

法政大学教職課程センター教授。専門は理科教育、科学・技術教育。千葉大学教育学部卒、東京学芸大学大学院修士課程修了(物理化学・科学教育)。雑誌『RikaTan 理科の探検』編集長。「ニセ科学フォーラム」実行委員長。
理科教育者の立場からニセ科学に対して積極的な批判活動を行う。著書多数。

左巻健男の作品

ツイートする