ハラショーな日々 のんきなロシア人の夫・ワーニャとの暮らし

  • ソフトバンククリエイティブ
4.19
  • (13)
  • (8)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 62
レビュー : 17
  • Amazon.co.jp ・本 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797349603

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ロシアを知るための情報収集。

    いろんな夫婦の形があるなということ、
    作者の愛のあるつっこみ、
    ワーニャのおとぼけのコンビネーションがいい一冊。
    そしてこの一冊が、ロシアと日本の関係がよくなるような、作者のおもうようないい効果が出たらいいな。

  • ロシアのことをあまり知らなかったけど、わかりやすく興味深く書かれていてとてもわかりやすかった!続編あれば読みたいなぁ☆

  • 異文化と暮らすのは、大変で楽しくて刺激的で疲れてなんだろうな。ぶつかりあうほど向上するのだろう。エアロフロートに乗ってサービスの悪さにロシアを懐かしむのがイイ。

  • ロシアは閉鎖的、危ないというイメージが変わると思う。
    そういう実態はあるのかもしれないが、ロシアに住んでる人がみなそういうわけではないのだと思うきっかけになった。
    もともとロシアの文化や歴史に興味があるので、ますます行ってみたくなった。

  • 図書館で返却されたばかりのこの本を偶然手に取りました。マンガと文章で構成されたコミックエッセイで、ロシア=寒い、社会主義、もとソ連、冷戦、イメージ色はグレイといった偏って狭い私のロシアイメージを吹き飛ばしてくれた一冊。
    ソ連時代って、割り当てられた家が大きいと他人と暮らさなくちゃいけなかったのか!目からウロコの新事実です。
    ソ連のお菓子も食べてみたい。赤の広場ってこういう所なのね、行ってみたい!と思わせてくれました。☆4つです。

    夫ワーニャ視点でのソ連→ロシアの出来事は日本で暮らす私には想像もつかないことです。押しなべて喜ばしいことではなかったのだな、と知りました。

  • ブログ版「ハラショーな日々」を楽しんで拝読していました。
    書籍化されると発表されて興味は持っていたのですが、ブログで十分かなと長らく放置。
    けれど偶然見かけたので、やっぱり気になって手に取りました。

    ブログで紹介された記事プラス、簡単なロシア語講座があったり、食べ物の紹介があったりと、ブログの読者も楽しめる作りになっていました。
    なんだ、もっと早く読めばよかった・・・・

  • 著者さんの旦那様がロシア人のワーニャさん。
    はっきり言います。うちのアホなイタリア系アメリカ人の
    旦那より いいノリかつ面白い人です。
    うちの旦那も、これぐらいおもしろけりゃネタになるのに。

  • ロシア在住の私から見ると、とても分かりやすくロシアの事を描いてくれているなぁって思います。
    日本人にとってロシアはまだ馴染みの少ない国だと思うので、このエッセイを通して知ってもらいたいなぁと思います。

  • ブログ(http://ameblo.jp/tochka/)の書籍化。エッセイマンガ? コマ付きエッセイ?
    ロシア人夫のワーニャ、かわいい。ワーニャが日本を好きていてくれるのが嬉しい。そして不思議の国ロシア。赤の他人が同じ屋根の下に暮らしたソ連時代。もっとロシアのこと知りたくなります。

  • ロシアの方と国際結婚をされた著者のコミックエッセイです。
    著者のちょこっとS入ったツッコミと、ロシア人旦那様の大陸的ボケの掛け合いが可愛らしい。余り知らないロシアの普通の生活とかを垣間見見せてくれるのも面白かったです。

全17件中 1 - 10件を表示
ツイートする