君のせい(上)

著者 :
制作 : 国分 チエミ 
  • ソフトバンククリエイティブ
3.32
  • (3)
  • (9)
  • (22)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 74
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797350203

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ■0918.
    <読破期間>
    H21/3/3~H21/3/3

    <本の内容>
    大学生の柚梨奈は、親友のアキに強引に誘われ、仕方なく参加した合コンである男と再会する。
    それはかつて自分を苦しめたイジメの張本人、隆也だった。
    一方の隆也は、それに気づくどころか、柚梨奈に一目惚れし、突然の愛の告白をする。
    戸惑う柚梨奈だったが、自身の復讐のため、やがて隆也と付き合い始めるのだった。

  • きっと主人公の女の子は、いじめのトラウマはとても大きかったんだと思いました。少し変わったお話で面白かったです。

  • 091215
    前からちょっと気になってたんだけど、一気に読みました。
    ケータイ小説ってちょっと苦手だったんだけどこれは読めた。

  • 君のせい                          
    なんかすごい悲しいような切ないような話です。モバゲーでむっちゃ人気だった小説らしいよ!!!

  • 柚梨奈は、いじめを受けていた頃母親の再婚を理由に引っ越すことになりました。何人か彼氏はできたが、いじめのトラウマもあり手も繋げなくなってしまったのです。大学生になり、親友に強引に誘われた合コンでイジメの張本人である隆也と出会い、しかも隆也は柚梨奈に気付かず、一目惚れしてしまうのです。柚梨奈は昔の復讐のため、隆也と付き合い始めたが、柚梨奈自身も 隆也に惹かれていってしまうラブストーリーです。
    昔のイジメのトラウマで、男の子と手も繋げなくなってしまったのに、イジメの張本人のことを好きになってしまうなんて、恋の力はすごいのだと改めて思いました。上下巻に分かれており、読みやすいのでぜひ読んで欲しいです。

  • ケータイで読みました手(チョキ)
    ゼミの資料まとめていて久しぶりに読んでみようと思い、軽いノリだったのに気づいたら4時げっそり

    気軽に読めるのは確かだが、読むのにかかる時間は本と変わらない(当たり前)exclamation ×2

    内容としては、これもまぁごくありふれたテイスト。
    ただ本田氏の提唱する7つの大罪が入ってない。つまり他の作品と比べ汚い部分が描かれていないです。
    そのかわりと言っては何だが、哲学的描写が多いように思えます。
    『傷つける』がポイント。
    もしかしたら「いじめ」撲滅のために作られた作品exclamation & question(だとしたら少し弱い気もするが)

    この作品、マンガにもなっている様で。新たなケータイ小説の行方を考えてしまう。

  •  昔いじめられっ子だった柚梨奈と、昔柚梨奈をいじめていた隆也のラブストーリー。
     柚梨奈が親友に強引に誘われた合コンで、隆也と出会う。
    そして隆也は柚梨奈に一目惚れをし、柚梨奈に告白をするが、断わられる。
    だが柚梨奈は隆也と付き合うことにする。―復讐をするために。
    という内容。
     最初は思い出したくもない相手だった隆也。 
    だが、隆也の熱心さに心を少しづつ開き、許していく柚梨奈に感動した。
    柚梨奈のように許せる心を持ちたいと思った。

  • モバゲーの小説で初めて読んだ小説ですがとてもいい話です。感動します^^書籍化する前に読んだので得した気分ですw

  • 初めて携帯小説(ケータイ小説なのかな)を読んでしまいました。携帯で。
    GW中に2夜連続でドラマをやっており、たまたま観て、合い間のCMでその原作が携帯小説な事を知り、そして無料で読めるなら読んでみようか、と。
    ・・・ちょっとムリでした^_^;
    話自体は受け付けない訳じゃないし、(恋愛物好きなので)いいなぁと思う部分もあったけれど、
    携帯という小さい画面を媒介にして小説読むのは、ちょっと私の性に合いませんでした。
    多分いい事言ってるんだよなーここ。っていうシーンも、あんまり響いてこなかった・・・残念。
    紙媒体で読んだらまた違うかも。
    真剣に世代の違いを感じました。
    でもハッピーエンドで良かった☆(2009.5.10.)

全12件中 1 - 10件を表示

咲良色の作品

ツイートする