世渡りの技術

著者 :
  • SBクリエイティブ
3.33
  • (0)
  • (5)
  • (10)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 61
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797350227

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 大学から中古家具 オートバイの再生を手掛ける
    毎日が命日 
    今日売れるものは今日売る
    人生は綱渡り
    明日は誰にもわからない

  • 著者の自伝風のところもあるけれど、こういう工夫をしているんだよという話。
    食材が安い商店街の近くに住んでいるとか、その店が開いている時間に行けるとか、一軒家で物を干せるとか、環境も重要だよなあ。

  • 単なる節約本ではなく生活を楽しみ仕事を楽しんでいるのがよい

  • 私には絶対に真似できないが,ある意味,憧れる生き方である。著者の生命力の強さ・考え方の芯の強さが表れている。読後,人間にとって幸せって何だろう?と考えさせられた1冊である。

  • まねできない理由を考えていて、わかった。まねできない理由なんか考えていているからだ。

  • 毎日が命日。が著者の座右の銘。

    14歳で左目視力喪失した著者が14歳にて、生きる時間について考える。
    人生を楽しんで、活きてるな~と思える著者。
    自分が好きだと思う事を短期集中型でモノにして、それに独自の「換金力」にて、仕事に変えてしまう力。
    普段の散歩での観察力。
    自分が次に何をするべきなのかの洞察力。
    自転車から古道具までの再生力。
    人とのコミュニケーション力。

    まさに、生きていく為に必要な力がどっぷりとある。
    読んでいくのは楽しい。

全10件中 1 - 10件を表示

プロフィール

1956年、福岡県生まれ。食文化研究家。著書に『食のリテラシー』(こぶし書房)、『台所に敗戦はなかった――戦前・戦後をつなぐ日本食』(青弓社)、『食べかた上手だった日本人――よみがえる昭和モダン時代の知恵』(岩波書店)、『腸を元気にするレシピ109』(飛鳥新社)、『食ベ物の声を聴け!』(岩波書店)、『冷蔵庫で食品を腐らす日本人――日本の食文化激変の50年史』(朝日新聞社)、『うおつか流大人の食育』(合同出版)ほか多数。

魚柄仁之助の作品

ツイートする