マンガでわかる有機化学 結合と反応のふしぎから環境にやさしい化合物まで (サイエンス・アイ新書)

著者 :
制作 : 保田 正和 
  • SBクリエイティブ
3.42
  • (6)
  • (14)
  • (8)
  • (5)
  • (3)
本棚登録 : 209
レビュー : 17
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797351859

作品紹介・あらすじ

「有機化学は暗記だ」といわれます。ウソです。暗記など必要ありません。基礎がわかれば、あとはそれを用いてそういった意味で、有機化学は数学と似ています。さらに有機化学のすばらしいところは、化学式のビジュアル表現が重要な学問であるということです。本書を手にとって気楽にマンガを読んでいるうちに、いつのまにか有機化学の基礎がしっかりと身についてしまうはず。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • マンガだと理解しやすいだろうとも思ったがそんなに甘くない。

  • マンガだと理解しやすいだろうとも思ったがそんなに甘くない。

  • 何となくは分かったものの、やはり難しい。

  • 復習もかねて手に取った本。比較的有機化学の本ではわかりやすい部類。後半やや力ずくなイメージもあって元々知識がないと難しいかもしれないが解説をみればなんとなくはわかりそう。

  • 所在:展示架
    資料ID:10901859
    請求記号:437||Sa25

  •  非常に読みやすい有機化学の入門書。大学進学を控えた高校生などに最適。

  • マンガなので読みやすい。しかし、中学時代から化学大嫌いな私・・・・がんばって読みはしたけど。

  • 機化学の基礎を簡潔に学ぶべく読んでみた。
    まあまあ分かり易かった・・・のかな。
    有機化学以前の基礎的な化学の知識がないために、多少難しい場面もあった。
    何よりあまり読み込めなかったというか、正直何が書いてあったのかさっぱり覚えていない・・・。
    覚えているのは仕事に生かせそうなアミノ酸の項か。
    光学異性体があって、自然界にあるのはL体のみ・・・云々。
    これは目から鱗。
    こういう知識はやはり自分でつけていかないとね。
    身にならない。

    この本自体のコンセプトなんだけど、漫画いるかなあ・・・。
    図やらイラスト程度だけでも問題なかったし、漫画にするにしてももっといい絵柄なかったのだろうか。
    だけどこのシリーズは概ね評価がいいようなので、大人の教養として手軽に読むのも一興かと思う。

  • 生化学の学ぶために、その基本の有機化学を復習するために読んでみた。大学受験等では、反応等を全て押さえているわけではないが、全体として有機化学の全体像がわかるようなまとめ方になっている。

    見開き、左半分が説明で、右半分はマンガ(図)を使ってまとめているのでとっつきやすいと思う。有機化学の分野の全体像を押さえるのであれば、この本がオススメではないでしょうか。目次を載せておく。

    第1章 原子構造と化学結合
    第2章 有機物の結合と構造
    第3章 有機物の種類と性質
    第4章 基礎的な反応
    第5章 応用的な反応
    第6章 新しい有機化学
    第7章 高分子化合物
    第8章 生命化学
    第9章 有機化学実験

  • 三葛館新書 437||SA

    本書は、見開きの右ページがマンガ、左ページが解説となっている、有機化学を楽しく学べる新書です。
    右ページのマンガだけを読み進めるのも良し、左ページの解説を読みながら右ページのマンガで復習するのも良し、マンガを読みながら左ページで理解を深めるのも良し。
    有機化学の面白さを実感するきっかけになる、コンパクトな一冊です。

    和医大OPAC → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=58142

全17件中 1 - 10件を表示

プロフィール

1945年生まれ。1974年 東北大学大学院理学研究科博士課程修了、現在は名古屋市立大学特任教授、愛知学院大学客員教授、金城学院大学客員教授、名古屋工業大学名誉教授などを兼務。理学博士。専門分野は有機化学、物理化学、光化学、超分子化学。おもな著書に『マンガでわかる元素118』『知っておきたい放射能の基礎知識』『マンガでわかる有機化学』『知っておきたい有機化合物の働き』『レアメタルのふしぎ』『金属のふしぎ』『基礎から学ぶ化学熱力学』『毒と薬のひみつ』『知っておきたい有害物質の疑問100』『知っておきたいエネルギーの基礎知識』『知っておきたい太陽電池の基礎知識』『料理の科学』『身近に迫る危険物』(サイエンス・アイ新書)など。

「2018年 『汚れの科学』 で使われていた紹介文から引用しています。」

マンガでわかる有機化学 結合と反応のふしぎから環境にやさしい化合物まで (サイエンス・アイ新書)のその他の作品

齋藤勝裕の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
J・モーティマー...
スティーヴン・D...
鈴木 陽一
パオロ マッツァ...
ウォルター・アイ...
有効な右矢印 無効な右矢印

マンガでわかる有機化学 結合と反応のふしぎから環境にやさしい化合物まで (サイエンス・アイ新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする