Search Engine Optimization 非常識なSEOの常識

  • ソフトバンククリエイティブ
3.11
  • (0)
  • (2)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 52
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797352306

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • SEOのポイントは?

    →6つのポイントとして、テキストマッチ、サイトテーマ、サイトボリューム、リンクポピュラリティ、外部サイトテーマ、クローラビリティ
    キーワード選定において、ユーザーの検索傾向に合致したキーワードにする
    テキストリンクには対策キーワードを入れる

  • 一通りの“SEOとは”を把握するには十分。まずはこれらが入り口、と捉えると、ログ分析・調査のinput・outputの量・質を向上できる可能性が見えてきた様に思う。

    下記、内容の箇条書き。

    第1章 SEOとは
    ・P4P:短期間/期間限定
    ・SEO:中長期間

    ・Web広告
     バナー広告
     アフィリエイト広告
     テキスト広告
     動画広告
     タイアップ広告
     リッチメディア広告(インナースポット広告、インターステイシャル広告、フローティング広告)
    ・P4P(検索連動型広告、コンテンツ連動型広告)
    ・その他
     メール広告
     フィード広告

    ・施策は全方位で行うべき。

    第2章 検索エンジンの仕組み
    Yahoo!:55.5%
    Google :32.7%(インタ―ネット白書2008年)
    ・検索ユーザーのクエリ(≒検索キーワードの送信)
    ・検索エンジンが理解できる情報はテキスト情報のみ(バイナリ情報は無理)。
    ・GoogleはPageRank、Yahoo!はWebRankで評価

    第3章 対策キーワードの設計
    ・キーワードのシニフィアン的粒度≒キーワードの“大きさ”
    ≒ユーザーの消費行動仮説の認知、感情、行動プロセスの段階
    ・Google Adwardsキーワードツール
    ■3Cのフレームワーク
    ・自社:ログで検索キーワード分析
    ・競合:現状、検索順位は何位か
     0~1万、1万~10万、10万~のクラス分け
    ・ユーザー:Google Trendsの時節的変動

    第4章 クローラビリティ
    ・Flash(swfファイルのテキスト情報のみ)、js、プルダウン、COORD属性、フレーム構造(inframe、FRAMESET)
    ・リダイレクトは301
     jsによるリダイレクトは使わないこと
    ・クローラーのコントロールはrobots.txt(サイト自体)
     <META>タグ(ページ)
     REL=nofollow属性(リンク)

    第5章 テキストマッチ:htmlコーディングにおける施策

    第6章 リンクポピュラリティ
    ■ナビゲーション(水平的・垂直的)
    ・キーワードルール
    ・HREF100ルール
    ・Googleの3クリックルール
    ■リンクの質
    ・ディレクトリ登録(Yahoo!:52,500円/サイト)
    -Yahoo!
    -X-recommend(goo、exite、BIGLOBE)
    -Jエントリー(linedoor、AOL、@nifty)
    ・スパムリンクを避ける

    第7章 サイトテーマ
    ・テーマ設計・そのテキスト情報の重要性
    ・リンク元、リンク再のテーマを同一にする

    第8章 サイトボリューム(=対策キーワードを含むページ数)
    ・siteコマンドによる現状把握
    ・XMLサイトマップの作成
    -Yahoo!サイトエクスプローラー
    -Googleウェブマスターツール

    第9章 事例で学ぶSEO対策

  • 6つの要素に分類されているのはわかりやすい。しかし、実践するには、少し説明が物足りない感じ。

  • PC向けSEOのノウハウ本。よくまとまっている。キーワード設計、クローラビリティ、テキストマッチ、リンクポピュラリティ、サイトテーマ、サイトボリューム。事例もあり。


全5件中 1 - 5件を表示

アウンコンサルティング株式会社の作品

ツイートする