F1テクノロジーの最前線<2010年版> モータースポーツの頂点を彩る最新技術の秘密 (サイエンス・アイ新書)

著者 :
  • ソフトバンククリエイティブ
3.20
  • (1)
  • (4)
  • (7)
  • (3)
  • (0)
  • 本棚登録 :55
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797352559

作品紹介・あらすじ

2009年、F1マシンは大きく変わりました。競争がより熾烈になるよう、レギュレーションが大々的に変更された影響で、フロントウイングは乱流の影響を受けにくい形となり、リアウイングも幅が大幅に狭められました。複雑な形だったマシンの側面はシンプルになり、スリック(溝のない)タイヤが復活しました。そしてエコの時代を反映したKERS(運動エネルギー回生システム)の登場…。最新のF1事情を徹底解説します。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 運動エネルギー回生システム(KERS)復活の可能性が高いとあり、ここでもecoか、と思ってしまった。ステアリングホイールは1個が数百万円~1,000万円近いものがあるとのこと。

  • </span>&rdquo;</div><div class="quantityDisplay black textSquash" style="display:none;padding-bottom:3px;"><nobr><span class="strong black">欲しい数量&nbsp;

  • 2010/09/17

  • 千円のムックではなくもっと深入りして欲しい内容だなー

  • 2007年に出た本の改訂版。
    実際のF1でレギュレーションが大きく変わっているのでその増補版。

    エンジン部分に注目したが、写真はちょっと増えていた。
    でもそもそもエンジンが開発禁止なので大きく触れられてはいない。

  • F1を良く知らない私には、レースの解説でドライバーが実力を持っていても今年の車では厳しいという話を聞き、??? でした。
    この本を読むと、与えられたレギュレーション(ルール)の中で各社がそれぞれ最高の性能を出せるように作り上げていて、その選択やテスト環境によってマシン性能の差が現れる、という事が分かりました。
    と言うか、ここまで毎年細かくルールが変わっているとは。
    技術面を一通り眺めたい方にはお薦めの本。

    F1の技術が必ずしも大衆車に活かせない、と言われる事の回答も。
    確かに目的が異なるわけで。

    フルカラーで、特にエンジンと空力の解説図が分かりやすいです。
    2007年の本の改訂版という事で、2008~2009年の新しい写真が多いです。
    ただ、「はじめに」にある通り、この本に写真協力した5社のうち4社は2010年までにF1撤退、残る1社のルノーも怪しいわけで、次回どうなるかが気になります。

  • いつの間にかバンク角まで決められてたんだね、エンジン。とか90年代F1ジジイの思い込みを2010年まで引き戻すためにいい本。

全7件中 1 - 7件を表示

檜垣和夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

F1テクノロジーの最前線<2010年版> モータースポーツの頂点を彩る最新技術の秘密 (サイエンス・アイ新書)はこんな本です

ツイートする