身近にある毒植物たち “知らなかった"ではすまされない雑草、野菜、草花の恐るべき仕組み (サイエンス・アイ新書)

著者 :
  • SBクリエイティブ
3.25
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 27
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797353457

作品紹介・あらすじ

道の傍らや庭の隅、身近な野や山の奥でひっそりと、あるいはあでやかに伸び咲き誇る、草や花たち。いずれも美々しく、そしてときどき、なんだかおいしそう。けれど一口で昏倒に至る植物、あるいは触っただけでとんでもない事態を招く植物もあるのです。毒にも薬にもなるもの、野菜や山菜と間違えられやすいもの、よく見かけるようになった園芸植物など……。その恐ろしい世界を、詳しい記録や美麗な写真とともにご紹介します。事故を防ぐためのポイントもバッチリ解説。

>

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ・トリカブトの毒性は、同種でも個体差が大きい
    ・トリカブト/ドクウツギ/ツツジの蜜をミツバチが集める→それを食べて中毒(もしかして、蜂と人間ではあたる毒が違うのかな?)

全1件中 1 - 1件を表示

プロフィール

1969年生まれ。サイエンス・ジャーナリスト。ガーデナー。自然写真家。おもに関東圏を活動拠点に、植物と動物のユニークな相関性について実地調査・研究・執筆を手がける。著書に、『身近な雑草のふしぎ』『身近な野の花のふしぎ』『うまい雑草、ヤバイ野草』『イモムシのふしぎ』『身近にある毒植物たち』(いずれもサイエンス・アイ新書)、『ファーブルが観た夢』(SBクリエイティブ)がある。

身近にある毒植物たち “知らなかった"ではすまされない雑草、野菜、草花の恐るべき仕組み (サイエンス・アイ新書)のその他の作品

森昭彦の作品

ツイートする