身近にある毒植物たち “知らなかった"ではすまされない雑草、野菜、草花の恐るべき仕組み (サイエンス・アイ新書)

著者 :
  • SBクリエイティブ
3.24
  • (2)
  • (5)
  • (5)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 84
感想 : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797353457

作品紹介・あらすじ

道の傍らや庭の隅、身近な野や山の奥でひっそりと、あるいはあでやかに伸び咲き誇る、草や花たち。いずれも美々しく、そしてときどき、なんだかおいしそう。けれど一口で昏倒に至る植物、あるいは触っただけでとんでもない事態を招く植物もあるのです。毒にも薬にもなるもの、野菜や山菜と間違えられやすいもの、よく見かけるようになった園芸植物など……。その恐ろしい世界を、詳しい記録や美麗な写真とともにご紹介します。事故を防ぐためのポイントもバッチリ解説。

>

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 病は気から、死は薬から 薬剤師・毒島花織の名推理
    を読み終えて参考文献から調べて読んでみた。
    サイズは文庫版。

    「えっ!これが毒草?」と驚くものが多い。
    普通に食事に出る野菜でも毒はあり、興味深い。

    忘れがちな「植物の自然毒」
    ジャガイモ、アスパラガス、インゲン豆、キャベツ、ゲンノショウコ、ズッキーニ、セイヨウアブラナ、ドクダミ、トマト、なた豆、ゴーヤ、ユウガオ

    致死性の身近な植物
    トリカブト、ドクウツギ、イヌサフラン、グロリオサ、ジキタリス、イチョウ、ドクセリ、シキミ、梅、バイケイソウ、コバイケイソウ、ハシリドコロ、ヨウシュヤマゴボウ、

    重大事故を起こす園芸植物
    チョウセンアサガオ、キダチチョウセンアサガオ、水仙、マムシグサ、クワズイモ、瓢箪、タマスダレ、紫陽花、アマチャ、ソテツ、ダリア、タバコ(ニコチアナ)、カラー、ポトス、ツツジ、カロライナジャスミン、キョウチクトウ、トウゴマ、スズラン、


    取り扱いに注意すべき普通の草花
    アセビ、アネモネ、アヤメ、アルストロメリア、アロエ、エニシダ、オダマキ、ハナビシソウ、クリスマスローズ、クレマチス、ケマンソウ、コリウス、コンフリー、シクラメン、秋明菊、スイートピー、スノードロップ、セントジョーンズワート、チューリップ、デルフィニウム、ナンテン、ニチニチソウ、ノウゼンカズラ、ハナミズキ、ヒアシンス、藤、鬼灯、ホワイトレースフラワー、ラナンキュラス、ランタナ、ルー、ルピナス、蝋梅、

  • 意外と毒がある植物は身近にある
    死にはしないものの、手が荒れるなども毒の部類入るようだ

  • 生きます

  • ・トリカブトの毒性は、同種でも個体差が大きい
    ・トリカブト/ドクウツギ/ツツジの蜜をミツバチが集める→それを食べて中毒(もしかして、蜂と人間ではあたる毒が違うのかな?)

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

1969年生まれ。サイエンス・ジャーナリスト。ガーデナー。自然写真家。おもに関東圏を活動拠点に、植物と動物のユニークな相関性について実地調査・研究・執筆を手がける。著書に、『帰化&外来植物 見分け方マニュアル950種』(弊社)、『身近な雑草のふしぎ』『身近な野の花のふしぎ』『うまい雑草、ヤバイ野草』『イモムシのふしぎ』『身近にある毒植物たち』(SBクリエイティブ)などがある。

「2022年 『キモおどろしい生き物大集合! ビジュアル「奇怪」生物図鑑200種』 で使われていた紹介文から引用しています。」

森昭彦の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×