一流の思考法 WBCトレーナーが教える「自分力」の磨き方 (SB新書)

著者 : 森本貴義
  • SBクリエイティブ (2009年7月16日発売)
3.39
  • (12)
  • (58)
  • (63)
  • (18)
  • (2)
  • 本棚登録 :455
  • レビュー :54
  • Amazon.co.jp ・本 (168ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797354003

作品紹介・あらすじ

最近の企業では、「言われたことだけをやる」若者が多くなっており、持っている能力に対するパフォーマンスの発揮度合いは極めて低くなっている。またやる気がある人でも、自身の精神面や肉体面をどう活用したら最大限のパフォーマンスを発揮できるのか、教えてくれるツールが不足している。本書では、シアトル・マリナーズや、WBC日本代表のトレーナーを務める著者が、実際に行っているトレーニング・慣習の中からパフォーマンス発揮メソッドを抽出。イチロー選手をはじめとした一流アスリートたちが直面した、具体的なエピソードを交えながら解説する。

一流の思考法 WBCトレーナーが教える「自分力」の磨き方 (SB新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 最高のパフォーマンスを引き出すための極意というか、習慣を説いた本。

    ◉メモ
    失敗もある一面から見れば失敗ではなくなる。

    プロセスが大事。
    失敗は糧としなければならない。

    自分との約束を守る

    準備に時間をかける。
    得意なことに。

    呼吸が変わると意識が変わる
    意識が変わると行動が変わる
    行動が変わると人生が変わる

    評価基準は自分の中に

  • 以下の事を学んだ。実践したいなと思えるし、ささっと読める。読んで損ではなかったかなと思う。

    ●自分にとって本番と成功は何か理解して、それに必要な行動をルーティンにするのが良い。

    つまり、早く細かく吐く呼吸や、熱いシャワーでON、ゆっくり長く吐く呼吸や、ぬるめの風呂、四行日記でOFFみたいな、スイッチ、型、自分きまり…で、日常を構成してしまおう。て事かなと。

  • 2010/11/1-2011/2/28

  • イチローを例に一流の思考法を紹介している本。
    以下、自分にとっての重要点。
    ・型をつくること。なるべく無意識化する。(歯磨きは失敗しない。)
    ・結果主義はプロセス主義に勝てない。
    ・人と比較するのではなく、昨日の自分と比較する。
    ・本番はどこなのかを意識する。人の評価を気にせず、自分の準備に集中する。
    ・ON/OFFのスイッチをつくる。
    ・4行日記。
    ・失敗から得た教訓をインプットし、失敗した時の状況は忘れる。
    ・成果は誰のためのものか、本当に自分が得たい成果とは何かを考える。

    まとめ。これらを実践するためには健康であること。

    最近読む本は根底の部分でつながっている気がするな。
    自分の中で1つの考え方が確立されつつある。しかし、それが実践できているかはまた別の話。

  • *学習の機会を見い出すことで、失敗は成功への一歩となる。
    *結果重視は不安定な結果を導く。プロセス重視は安定した結果を導く。
    *昨日の自分と、今日の自分を比較する。
    *結果が出ない原因は、自分の中にある。
    *「意識」すると、結果は出せない。
    *真の自信とは、人の評価から生まれるものではありません。自信とは結果(=相手の評価)から生まれるものではなく、本番に向けて納得のいく準備を行い自分が納得できたか、という内なるものです。
    *人の評価を気にせず、自分の「準備」に集中しよう。
    *無意識なのに疲れる人々
    一所懸命仕事をし、一定の成果もあげている。上司からの評価も高い。にもかかわらず、毎日なぜか疲れる。この不幸な状況を生み出す原因は、「人の評価のために、自身の成果をあげよう」という、間違った考え方が背景にあるからです。あなたの評価は、評価する人の性格や考え方によって変わります。さらに、あなたが毎日同じ行動をとっていたとしても、上司の機嫌ひとつで評価は変わることもあるのです。つまり人の評価は普遍的ではないうえ、あなた自身を的確に捉えたものではない、ということです。つまり、「真の無意識」のためには、人の評価を気にしない人間になる必要があるのです。
    *他人から評価を得るために、成果を追求すべきではない。

  • 準備の大切さをイチローなど一流選手の話を通じて教えてくれる一冊。自信は日々自分との約束事を守り続けることから生まれてくるという。サラリーマンである自分にとっての準備とはなんだろうか、最もベストなコンディションで毎日を迎えようとできているだろうか。プロ野球選手にはなれなかったかもしれないが、お金を稼ぐ人間であるということはそれもある意味「プロ」である。ならば、最高のパフォーマンスに向けて自分のするべき準備を見出し、一つ一つ忠実に取り組んで行くべきである。
    まずは食生活と帰宅後のストレッチと休日の運動•••、できるところから始めてみようと思う。

  • マリナーズのトレーナーをやられていた筆者がイチローをはじめとする一流のプロフェッショナルの取り組みを紹介する。日々の、本番と準備それぞれの取り組み方、無意識と習慣化の重要性について大変参考になる。また海外で長く活躍されたからこそ、日本人にあったやり方を提案されており、納得感も高い。

  • ・結果重視は不安定な結果を導く、プロセス重視は安定した結果を導く
    ・行動が無意識になれば、失敗は減る(歯磨きのように)
    ・自分との「約束」が自信を生む

  • 期待せず軽い気持ちで読んだが結構良かった。
    ・自分の型を作ることが大事。それは応用が利く。仕事で言えばマニュアル。マニュアル化すれば嫌なことでも無意識的に行えるかもしれない。
    ・人の評価に振り回されないこと。他人の評価ポイントはバラバラだし、状況によって変化することもある。だから、自分が納得いく準備をして、自分が納得できたかが大切でそれが「自信」となる。

    イチロー選手の準備の入念さ、彼の「型」に敬服します。一方、2009年WBCで延長10回表のチャンスでもし凡退していて韓国に負けていたら…皆は、いや、私はイチロー選手をどう評価していたかなと想像してみて少し複雑な気持ちになった。
    他人の評価は気にせずという事を実践したいと思うと同時に、自分が人を評価する時に結果だけを見て安易に決め付けないように…慎重にならないといけない、いやそもそも自分は人を評価できるような人間じゃないのでまず己の成長の方が大切だ、等と色々考える時間を得られたのは幸いでした。

  • オリックスやマリナーズのトレーナーをして、イチローをもっとも身近に見てたトレーナーが見た、アスリートの一流選手の思考法を描いた一冊。

    例によって言うは易し、行うは難しの世界。

全54件中 1 - 10件を表示

一流の思考法 WBCトレーナーが教える「自分力」の磨き方 (SB新書)のその他の作品

一流の思考法 (SB新書) Kindle版 一流の思考法 (SB新書) 森本貴義

森本貴義の作品

一流の思考法 WBCトレーナーが教える「自分力」の磨き方 (SB新書)はこんな本です

一流の思考法 WBCトレーナーが教える「自分力」の磨き方 (SB新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする