迷宮街クロニクル2 散る花の残すもの (GA文庫)

著者 :
制作 : 津雪 
  • SBクリエイティブ
3.73
  • (9)
  • (8)
  • (10)
  • (2)
  • (1)
  • 本棚登録 :85
  • レビュー :8
  • Amazon.co.jp ・本 (456ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797354096

作品紹介・あらすじ

『ノーモアクリスマス!』この世で最も生と死を隔てる壁が薄い場所・迷宮街。そんな迷宮街にも、クリスマスはやってくる。ひとえに探索者は外の住人よりも派手にイベントを楽しむ。ツナギをクリスマスカラーにしてみたり、「ノーモアクリスマス」と書かれたプラカードを持ってデモ行進をしてみたり。ただ、クリスマスの福音は、探索者に等しく届くわけではない。死亡率14%のゴールドラッシュ。今日も様々な人間が、様々な理由で迷宮街を出ていく。ある者は幸せに、ある者は無言で。書き下ろし短編「祭典の前夜祭」も収録した、現代のガリンペイロ達の物語、第二弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 前回に引き続いての、感想であるが、
    相変わらず、だらだらと続いていて、つまらない。
    設定が面白そうなので、面白いと思ったが、
    装備も防弾チョッキを使えばいいものを使わなくて、
    死んでいく、全く、状況が、理解不能である。

  • 厚くなってた……私の問題ですが、視点がよく変わる作品なので、ゆっくり読んでいるとちょっと辛かった。視点になっている人物を忘れてしまったりしていました。

  • 個人的には津差さんと橋本さんとのやり取りがたまらんです。
    やっぱどの人にも物語があるよなぁ……と。

  • やはり登場人物が多すぎて把握しきれない。
    そのせいで少し読みづらい。
    でもおもしろい!次が最終巻らしいが楽しみ。

  • 1冊目よりも加筆増といったイメージの2冊目。
    いきなり津差の内面を掘り下げてきて、なんかこう落ち着きが悪い。
    加筆前のテキストの修正があまり無いまま、津差を弄っているような感じで、二極性が出てしまっている印象。
    3冊で終り(だったような?)らしいので、次はいよいよ……あそこか……。

  • 超傑作! これを読まずして死ぬなッ!
    祈る気持ちを忘れずに!

全8件中 1 - 8件を表示

林亮介の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

迷宮街クロニクル2 散る花の残すもの (GA文庫)はこんな本です

ツイートする