イージス艦はなぜ最強の盾といわれるのか (サイエンス・アイ新書)

著者 :
  • SBクリエイティブ
3.92
  • (3)
  • (6)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 73
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797354270

作品紹介・あらすじ

イージス艦は高度な防空能力をもつ戦闘艦です。搭載するイージス・システムは、約500km離れた154の目標を、同時に探知・処理・追跡でき、そのうち15〜18の目標に対して同時に対空ミサイルを撃てるとされています。アメリカはイージス艦を77隻もっており、日本も6隻もっています。本書では、ハイテク満載のイージス艦の秘密を、カラー写真と図解で解説していきます。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • (仮説)
    日本をミサイル攻撃できる相手に計画的に日本をミサイル攻撃させないためには、
    日本をミサイル攻撃するデメリット(の期待値)は
    日本をミサイル攻撃するメリット(の期待値)よりも
    いかなる状況においても圧倒的に大きいと、
    相手側にとっての日本の脅威をできるだけ増大させない方法で、
    相手側の軍事意思決定機関に認知させ続ける必要がある。

  • イージスについては、一般向けにしては突っ込んでるんじゃないか。米韓や欧州なんかの外国海軍の話とかも勉強になったし。
    2009年の本で中身に古いと思うところがちょこちょこあって、四年の重みを実感した。

  • 内容紹介
    最強の盾「イージス艦」のすべてがここに!
    圧倒的な防空能力をもつ戦闘艦の秘密を徹底解説!


    「イージス艦」――2009年3~4月に起こった北朝鮮の「ロケット(ミサイル)発射」に関連して、その名前を耳にした方も多いでしょう。イージス艦は、高度な防空能力を発揮する「イージス・システム」を持つ軍艦で、「最強の盾」といわれることもあります。このイージス・システムは、約500km離れた154の目標を、同時に探知・処理・追跡でき、そのうち15~18の目標に対して同時に対空ミサイルを撃てるとされています。アメリカはイージス艦を77隻もっており、日本も6隻もっています。本書では、そんなハイテク満載のイージス艦の秘密を、カラー写真と図解で、やさしく解説していきます。

  • わかりやすい。戦闘を目的とする船(軍艦)の現在がわかる。当初は艦隊の防空と潜水艦防衛の役割をになっていたが、現在の姿は動く城に近いと感じた。

  • オールカラーで写真が付いててとても良いです。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1966年、神奈川県横浜市生まれ。各国の陸海空軍をテーマに取材する、フリーランスのフォト・ジャーナリスト。日本だけでなく海外の航空誌、軍事誌にも多数寄稿。日本航空写真家協会会員。航空ジャーナリスト協会会員

「2017年 『シン・ゴジラ機密研究読本』 で使われていた紹介文から引用しています。」

イージス艦はなぜ最強の盾といわれるのか (サイエンス・アイ新書)のその他の作品

柿谷哲也の作品

イージス艦はなぜ最強の盾といわれるのか (サイエンス・アイ新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする