自衛隊戦闘機はどれだけ強いのか? (サイエンス・アイ新書)

著者 :
  • SBクリエイティブ
2.80
  • (0)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 28
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797355277

作品紹介・あらすじ

航空自衛隊が設立されてから、すでに50年以上が経過している。その間、戦闘機の世代交代が進み、現在ではF‐4EJ、F‐15、F‐2がさまざまな支援のもと、日本の空を守っている。とはいえ、一度も実戦を経験していないだけに、ポテンシャルは、ある意味、未知数といってよい。そこで本書は主力戦闘機を中心に、科学的な視点で、その実力を検証していく。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  戦後航空自衛隊が創設されてから、これまでにどのような戦闘機を導入してきたか、部隊配備はどのようになっているか、さらに現在進行中のFX計画について、付録として戦闘機パイロットになるための教育訓練の紹介などが書かれている。どのページにも戦闘機の写真が載っており、好きな人は写真を見るだけでも面白いと思う。
     内容は、戦闘機の性能や配備の状況といった事実が淡々と列挙されているもの。「アフターバーナー使用時の最大推力は32.5kN、ドライ時の最大推力は22.7kNと比較的パワーの小さいエンジンですが、燃費性能にすぐれるという…(略)」(p.110)といった感じで、はっきり言ってマニアかよっぽど戦闘機パイロットになりたい人でもない限りは「???」で終わってしまう。素人的には、HOTAS(p.94)とかインターオペラビリティ(p.189)という考え方とかがあるんだ、F15の「オフボアサイト交戦能力」(p.147)とかってすごいな、とかそういう程度の感想しか持てなかった。とりあえず、これまで6機種(F86,F104,F4EJ,F1,F15,F2)の運用をしてきましたとか、今はF15, F4EJ, F2を使っていますとかいうことくらいは覚えておこうと思った。この本ではFXの候補機として6つ挙がっているが、2011年末に防衛省はF35を採用すると決めたらしい。(13/05/03)

  • 自衛隊の歴代の戦闘機 F-86セイバー、F-104 スターファイター、F-4EJファントムⅡ、三菱F-1、F-15イーグル、三菱F-2、F-X計画についてまとめた本。

    知っている人にはこんなことは当然という本でしょうが、初めて戦闘機について知ろうとする人には、簡単な歴史などがわかってわかりやすいのではないでしょうか。

    他国の戦闘機との比較は載っていないので、自衛隊のみの戦闘機入門書とだと思います。

  • 時間とお金の無駄です。wikiで十分です。制式戦闘機、兵装と飛行隊を並べただけです。しかも、文字でだらだらと書かれても分かりません。su-27との仕様比較とかはないです。86と104の項で、セイバーやスターファイターはあっても旭光や栄光はなしです。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1954年、北海道札幌市生まれ。月刊『航空ジャーナル』編集長を経て、1988年にフリーの航空・軍事ジャーナリストとなる。航空専門誌などへの寄稿だけでなく新聞、週刊誌、通信社などにも航空・軍事問題に関するコメントを寄せている。『ツウになる! 戦闘機の教本』(弊社)、『F-35はどれほど強いのか?』『F-15Jの科学』『F-2の科学』『徹底検証! V-22オスプレイ』『ユーロファイター タイフーンの実力に迫る』(サイエンス・アイ新書)など著書多数。日本テレビ客員解説員。

「2018年 『ツウになる!F-35完全教本』 で使われていた紹介文から引用しています。」

自衛隊戦闘機はどれだけ強いのか? (サイエンス・アイ新書)のその他の作品

青木謙知の作品

ツイートする