エルサレムの秘宝を発見せよ! (下) (ソフトバンク文庫)

制作 : 浅田 隆  伏見 威蕃 
  • SBクリエイティブ
4.08
  • (4)
  • (6)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 42
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797355307

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • オレゴン号シリーズはみんなおもしろい。アクション映画を見ている気分になれる。会長がどいういう強運で苦難を乗り越えるのか、ハラハラさせられっぱなし。一気読みでした。

  • -

  • 同時進行しているカッスラーの黒子シリーズの中で、NUMAでない非合法組織を主人公と据えている本シリーズが、もっとも過去の作品のしがらみ(パールマターが出るなど、同じ次元のようではあるが、大統領が異なるため、時期が違う?)がなく、自由闊達に主人公たちが武力を行使するため、もっとも単純なアクションが楽しく、もっともアメリカンムービー的なエンターテイメント色が強いため、単純に楽しめる。ただし、物語の骨格である過去の事件が現在に繋がり、現在の問題解決に過去の謎の解決が不可欠となるという構造は同じ。ただし、最後のイエスの血の遺伝子分析結果は少々、やり過ぎか?また、イスラムの中の一部が悪く、それさえ何とかすれば、宗教戦争が終わる可能性があるというのも、問題を単純化しすぎか?まあ、映画のように単に楽しめば良いので、そういう意味で読むのであれば、お勧めできる。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

クライブ・カッスラー Clive Cusslerテレビ業界から作家に転身、1973年に架空の組織NUMA(国立海中海洋機関)に所属する特殊任務官ダーク・ピット・シリーズ第1作『海中密輸ルートを探れ』で作家デビュー。以後、同シリーズをはじめ、作品は世界的ベストセラーとなっている。印税をもとに実際にNUMAを設立し、多くの沈没船や行方不明船を発見している。

「2017年 『ソロモン海底都市の呪いを解け!(下)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

クライブ・カッスラーの作品

ツイートする