蒼海ガールズ! (GA文庫)

著者 :
制作 : やすゆき 
  • SBクリエイティブ
3.95
  • (7)
  • (21)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 113
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797356328

作品紹介・あらすじ

「きみはこれから女になる」「え?え…えええぇ?」国を追われて海を漂流していた皇子シューフェンは、アラミス王国の軍艦ビシャスホースに拾われる。だが、少女ばかりの乗組員で構成されたこの船には、厳正なルールがあった。すなわち「男子禁制」。男とバレたら死刑になってしまう状況で、艦長から提案されたのは、持ち前の可愛さを生かして女のフリをすることだった!少女たちから可愛がられたりセクハラされたりしつつ、果たしてシューフェンは自らの秘密を守りきれるのか!?男女比一対二〇〇の船上で繰り広げられる、ボーイ・ミーツ・ガールズストーリー開幕。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 夫の蔵書。
    『のうりん』『りゅうおうのおしごと!』の白鳥士郎の本なので手に取って読み。
    前から家にあったけど、イラストが好みじゃないので手に取らなかった。けど『りゅうおうのおしごと!』がおもしろくて5巻まで一気読みした勢いで読み。

    夫(海洋小説、帆船小説好き)は「帆船小説ならではの言い回しが出てくる。これはほかの帆船小説を読まないとわからないだろうけど云々」とか言っていた。その辺はよく分からなかったし、細かな用語もよく分からなかったけど、『大航海時代』シリーズを少しだけやったことがあったので、なんとなく楽しめた。
    続きも読む。

  •  よく出来た作品。ジュブナイル的な、むしろ正統派の青少年向け小説だと思う。
     ライトノベルらしいエロが玉に瑕に思えるくらいに楽しめた。

     ただ、航海物はおそらく初めてなのだけど、おそろしく用語が多くてその点は流し読み。

  • 大航海時代を経験した国では帆船モノの海洋冒険小説が腐るほど書かれたけど、鎖国していたが故に帆船というガジェット(と、そこで使われる専門用語)に縁遠く、故にそのジャンルの文芸作品が発達せず、ラノベ界でも手付かずだったところに、少し後に出た「夏海紗音と不思議な世界」とともに、うまく突破したという印象。

  • 男の娘もの。乗組員は全員女。ただそれだけを売りにしているのではなく、船や船上での生活、海上戦なども詳しく書かれていてそれも一つの魅力になってる。

  • はい,そんなわけで蒼海ガールズ!を読みましたよ.

    亡国の皇子が漂流してたのを助けてくれたのが少女しか乗っていない戦艦で

    その船の掟では男の乗船は死刑以外の刑罰が無い,

    なのでばれない様に女装して過ごすお話と,そういうわけです.


    少女だらけの海軍の話なんて,「蒼海の皇女たち」ってゲームでもあったのぅ.

    まぁ,それは帆船じゃなくて潜水艦だったけども.


    海軍の船での話なのでやっぱり海戦します.

    帆船の専門用語が結構な頻度で出てくるけども

    カタカナのルビで理解できなくても漢字の字面でなんとなく解るぜ.

    それに「海皇紀」とかで帆船はなんとなくわかるぜ.


    そんな中途半端な(?)知識で読んだわけですけども

    海戦時の船の動きがそれとなく浮んできて良かった.

    それが筆者の文章力のおかげなのか,

    妄想力の賜物なのかは定かではないけども.


    そんなわけで蒼海ガールズ!面白かったよ.

  • この作家さん、なかなか上手ですね。
    わたしはすきです。
    キャラの中ではラヤちゃんがお気に入り。

  • いわゆる女装少年のお話。

  • ビバ!男の娘!海洋モノ!

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

白鳥士郎(しらとりしろう)GA文庫より『らじかるエレメンツ』でデビュー。代表作として『のうりん』シリーズ(GA文庫)など

「2018年 『りゅうおうのおしごと!9』 で使われていた紹介文から引用しています。」

蒼海ガールズ! (GA文庫)のその他の作品

蒼海ガールズ! (GA文庫) Kindle版 蒼海ガールズ! (GA文庫) 白鳥士郎

白鳥士郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
あさの ハジメ
有効な右矢印 無効な右矢印

蒼海ガールズ! (GA文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする