ドラマチック日露戦争 近代化の立役者13人の物語 (ソフトバンク新書)

著者 :
  • SBクリエイティブ
2.88
  • (0)
  • (2)
  • (3)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 24
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797358131

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 著者の博学・学者も驚く調査力には脱帽。ただ歴史家がどこまで彼の主張を認めるかを知りたいとも思う。
    ●日露戦争は実は戦う必要がなかった。
    ニコライ2世は日本による韓国占領を認めており、最終的に決定された日露協商案では、朝鮮における日本の優越を認めていた。しかし、おそらく日本軍が戦争に備えて満州で行った電信線破壊のために、その連絡がローゼン公使に届かず、日本側はロシアがことさらに交渉を遅らせていると思ってしまった。
    ★本当だとしたら、何という皮肉だろうか。
    ●広瀬武夫はロシアのアリアズナと、プラトニックなラブに落ちた。
    ●1904年には進化論解説本がどんどん出版され、進化論ブームだった。

  • 代表的な人物を扱ってある。

  • 可もなく不可もなく。日露戦争に興味あれば最後まで読める。

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

歴史作家

河合敦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする