這いよれ! ニャル子さん 5 (GA文庫)

著者 :
制作 : 狐印 
  • SBクリエイティブ
3.70
  • (22)
  • (46)
  • (41)
  • (5)
  • (2)
本棚登録 : 436
レビュー : 31
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797361483

作品紹介・あらすじ

「真尋さん、今日はどこに寄り道しましょうか!」「-このまま、まっすぐ帰るって選択肢はないのか!?」つかの間の平和な時間。真尋たちは放課後青春ライフを満喫していた。がしかし。ニャル子が受け取った一通のメールによって、その静寂は瞬時に破られたのである。「真尋さん、今すぐにここを発ちましょう。私は、我々は、行かなければならないんです」ニャル子の口調は、有無を言わせない勢いがあった。「ど、どこにだよ?」「-セラエノ図書館です」こうして真尋は、遙か宇宙の果てに旅立つことになったのだが-。這いよるハイテンション混沌コメディ待望の第5巻。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 今回のネタはシー・シェパードですね。
    原作系ネタとしては、セラエノ図書館にアラオザル、ロイガーとツァールでしょうか。
    もっとも自分としては、セラエノ図書館以外知らなかったりしますが…。
    前巻でリストラされた、クトルゥヒの姉さんもちょいとだけ登場します。
    冒頭でニャル子やクー子の部屋を作るって話が出るんですが、次の巻まで話を引っ張ります。
    ついでにニャル子の誓約書は前巻からずっと引っ張り続けて、次の巻にも続いてたりします。
    ハス太の宇宙バイクとしてビヤーキーが登場していましたね。
    オプションパックでどこでも行けるとか言う万能バイクですが。
    何のネタかと思っていたけど、今コレ書きながら仮面ライダーWネタかしらと思ってみたり。
    仮面ライダーネタは著者が大好きなようで、そこかしこに山程出てきますけどもね。
    検索機のキーワードもWだしね。
    ハス太のフルフォースフォームも初登場でしたね。
    いつもはほんわか小動物なのに、威厳あってかっこ良くなっちゃって。
    話の始末の伏線ネタは真尋のポケットの中に入れたものが結局放置プレイだったからコレだろうと思っていたけど、エピローグで更に伏線回収とか。
    メタ発言が楽しい限り。
    ついでにウルトラマンネタも出てきてましたね。
    今回の挿絵で本文連動の水木しげる先生ネタまで出てきたのはちょっと驚きでした。
    毎度毎度のことながら、ニヤニヤしながら一気に読める楽しい作品です。

  • ハス太も加わって真尋の周辺はますますにぎやかになります。そんな中、プレアデス星団にあるセラエノ図書館から、ニャル子が借りた本の貸し出し期限が過ぎているという督促が舞い込みます。こうしてニャル子たちは、本を返しにセラエノ図書館へと向かうことになります。

    ところがセラエノ図書館では、禁書保管庫に何者かが侵入するという事件が起こります。ニャル子たちも侵入者のツァールとロイガーを追いかけますが、貴重な本を守るために全力を出すことができず、侵入者を逃がしてしまいます。しかし、事件はこれで終わりません。何と地球に、ツァールとロイガーがやってきたという報せが、惑星保護機構からニャル子達のもとに届きます。彼らは、祖父が残した遺産を求めて、セラエノ図書館から地球へとやってきたのです。ニャル子たちの奮闘も空しく、彼らの遺産である「邪神様のメモ帳」が敵の手に渡り、それによってけっして死なない最強の邪神「アラオ猿」が生み出されてしまいます。

    毎度のことながらバカバカしいストーリーですが、これだけギャグを飛ばしておきながら、
    ストーリー・ラインにブレがなく、いつもきれいにまとまっていることに、今さらながら気づいて感心させられています。

  • 9784797361483 301p 2011・1・31 初版4刷

  • 5巻目。
    ラノベっていいよね。

  • ハスター君が正式加入し、さらに騒がしくなっています。
    敵の目的につづき、ついにはボスの倒し方までしょうもなくなってきた。あれで倒すと思ったらそっちかい!

  •  相変わらずの面白クオリティなんだけど、さすがにマンネリ・食傷気味。
    「このまま最後まで突っ走って欲しい」
     という気持ちと、
    「そろそろいい加減にして欲しい」
     という気持ちが綯い交ぜに。
     けど、なんだかんだ言いながら読んじゃうんだよなぁ。恐るべき中毒性。

  • ちょっとマンネリ感出てきた感じも‥。敵もかなり小物っぽさ溢れてたからかもしれない。
    ただ、ハスター君の大立ち回りのかっこよさと、真尋の「伏線はこっちかあああああ」の叫びはツボに入ったw その叫び声はおいらも上げたいw。

  • 相変わらずのノリの良さがステキです。伏線の予想外っぷりはいままで以上でした(^^;

  • 3巻と同じようなオチかよw

    それはそうと、ついにデモンベインネタが出て来た。

  • 今回はセラエノ図書館とか割とメジャーっぽいネタも出てきましたが、最後のバトル辺りしかあんまり記憶に残ってない(苦笑)。
    ハス太の黄衣の王モードなんかも見せ場っぽかったのにあんなオチ(苦笑)。
    らしいといえばらしい展開だった。

全31件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

逢空 万太(あいそら まんた)
ライトノベル作家。北海道札幌市出身。
『夢見るままに待ちいたり』で、第1回GA文庫大賞前期奨励賞を受賞。『這いよれ!ニャル子さん』に改題して、GA文庫からデビュー。2012年4月よりアニメ化され、代表作となった。

這いよれ! ニャル子さん 5 (GA文庫)のその他の作品

逢空万太の作品

這いよれ! ニャル子さん 5 (GA文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする