はじめてのAndroid2プログラミング

著者 : 柴田文彦
  • ソフトバンククリエイティブ (2011年3月2日発売)
4.00
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :32
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (552ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797361643

作品紹介・あらすじ

さまざまなデバイスに対応するプログラミング技法を、豊富なサンプルコード(140本)と共に詳細に解説。

はじめてのAndroid2プログラミングの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • Androidアプリの開発の勉強のために読んだ。すごくためになった。

    まず、iPhoneアプリ開発とはだいぶ様相が違うということが分かった。
    画面レイアウトからして、XcodeはInterface BuilderでGUIで設計できるのに対し、AndroidはXMLを手書きしないといけない。

    クラス間でのデータのやりとり(というか、厳密に言うとAndroidではアクティビティと呼ばれる画面単位のクラス間でのやりとり)もだいぶ違う。

    何となく、障壁はObjective-CとJavaの違いくらいに思っていたが、それ以上の障壁がありそうだ。

    ところでこれ、「入門」なんだよな。実用に耐えるアプリを作るには、まだまだ修行が必要だろう。あーあ。

  • 「はじめての」と銘打っているだけあって初めての自分でも本当にわかりやすかった。
    サンプルソースもとてもシンプルかつ説明も十分で基本的な知識をつけるにはかなり良い本だと思う。
    すでにAndroidプログラミングについて知識のある人にはたぶん物足りないと思いますが。

全3件中 1 - 3件を表示

柴田文彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ブライアン カー...
有効な右矢印 無効な右矢印

はじめてのAndroid2プログラミングはこんな本です

ツイートする