上達の技術 一直線にうまくなるための極意 (サイエンス・アイ新書)

著者 : 児玉光雄
  • SBクリエイティブ (2011年4月16日発売)
3.28
  • (3)
  • (16)
  • (29)
  • (5)
  • (1)
  • 本棚登録 :258
  • レビュー :19
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797363104

作品紹介・あらすじ

「うまくなりたい」「できるようになりたい」という切実な思いをもったことがない人は、おそらくいないでしょう。部活動で、受験勉強で、ゴルフで、英語で、仕事で…。しかし、なかなか思うような結果がだせない自分にくやしい思いをした人も多いはずです。でも、それはあなたに才能がないからではありません。伸び悩むのは「努力の仕方」が間違っているからです。本書では、上達するための「正しい努力の仕方」を解説します。

上達の技術 一直線にうまくなるための極意 (サイエンス・アイ新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 良いと思った。
    地道な反復練習は大事。そのなかで、上手く行った場合を検証して出来る確率を増やす。

  •  何か上手くなるためには、ただがむしゃらにやればいいってものではない。
     上達するまでの最短でたどり着く方法を考える。

     ほーん。おしまい。

  • 読了。スポーツの上達方法をからめながら、勉強や仕事の上達方法についてかかれていた。読んでる間は、興奮して、この本は凄いと感じていたが、読み終えてみると、特に自分に変化はない。(当たり前か。)

  • 本書は、主にスポーツの技術向上のために書かれたもの。脳と運動神経のお話しや、やる気の話し、効率のよい練習の仕方などが書かれています。
    スポーツだけではなく、他の習い事やビジネスなどにも応用できる内容が多いと思いますので、幅広く活用できると思います。
    イラストも多くて分かりやすい本です。


    ブックレビューブログ『続・本でもって』のページへ
    http://booklife.hatenablog.com/entry/2015/09/06/172109

  • 良書

  • 読んでいて、よく『ホンマでっか!?TV』にでている、児玉光雄さんの本だと気づいた。
    スポーツ心理学を専門としている人なので、スポーツを例にしたものが多かったのだけれども、スポーツ以外にも使える技術ばかりだと思う。
    記憶術の章の『ワーキングメモリー』は最近だと、『ものすごく脳を鍛える5分間の鬼トレーニング 』でも聞いたけど、やっぱりいいんだろうか。買おうかどうしようか迷ってる。

  • ものごとの努力、練習の仕方の勉強本。

    だいたいスポーツについて書いてある。

    私的には、勉強とかについて知りたかったので、大体ぶっ飛ばす。

    記憶の3回リハーサルこれだけ覚えておこう!(10分後,6時間後,24時間後)
    でも見て納得して、そのままになってしまうんだなぁ

  • タイトルは「上達の技術」のみ。
    自分としては当然楽器上達のヒントとしたく購入。
    ところが、実は主にアスリート向けの内容でした。

    一応、運動以外の一般的な「技術上達」へのヒントとなる内容もありますので、そこを抽出して参考にしたいと思います。

    毎回単元ごとに入っているマンガは不要、、、

  • イラストやグラフ付きで分かりやすい本でした。
    書いてある内容は基本的な上達に関すること。
    自分が普段なんとなく思っていることを
    しっかりと言葉で表現されててよかったです。

    ゆえにもう知ってるよと思うこともありましたが
    必要なことがまとめられていて
    とりあえずは本棚においておきたい一冊でした。

    自分がいいなと思ったコツは
    目標は現状より+10%ぐらいがちょうどいい、というコツ。
    これは実行していきたいです。

  • 例文と解説が充実しています。
    とはいえ、実践して、フィードバックを受ける場が必要だと思いました。

全19件中 1 - 10件を表示

上達の技術 一直線にうまくなるための極意 (サイエンス・アイ新書)のその他の作品

児玉光雄の作品

上達の技術 一直線にうまくなるための極意 (サイエンス・アイ新書)はこんな本です

上達の技術 一直線にうまくなるための極意 (サイエンス・アイ新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする