俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる (GA文庫)

著者 : 裕時悠示
制作 : るろお 
  • SBクリエイティブ (2011年2月15日発売)
3.46
  • (22)
  • (65)
  • (58)
  • (20)
  • (5)
  • 本棚登録 :527
  • レビュー :51
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797363968

作品紹介・あらすじ

妹みたいな可愛い幼なじみ・千和。「絶対やだ!やだやだっ!あんたなんかが彼とつきあうなんてぇっ!」銀髪お嬢サマな帰国子女・真涼。「あら、幼なじみごときにそんな決定権があるのかしら?」-おお、どうしてこうなった!?俺は平穏な高校生活を望んでいたのに、真涼と"秘密"を共有したためムリヤリ彼氏にされてしまった!ヤキモチを爆発させた千和が叫ぶ。「あたしだってモテてやるもん!」何かを企み、真涼が微笑む。「では私達がサポートしますね?」千和の彼氏作りになぜか協力するハメになった俺の運命やいかに!?-。

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる (GA文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 帰国子女と付き合い始めた主人公と
    それに何故か反対する幼馴染。

    付き合い始めたのには理由があって…という状態ですが
    なぜその脅される原因が売りに出されてしまったのか。
    もしや幼馴染が勝手に、とか、母親が、とか
    そういう落ちがあるのでしょうか?
    盗まれていたら、びっくりな重さの盗難です…。

    黙っていれば、見た目可愛い幼馴染は
    彼女(仮)に騙されて迷走中。
    主人公に彼女がいますが、これは仮な姿。
    しかし王道である、ハーレム状態、になるやも??
    迷走っぷりが、何だか辛いものがあります。

  • 特記事項なし。ただの高校生学園ラブコメディ。しかも、本巻は登場人物紹介巻に止まる。

  • 人から勧められたので。

    恋愛に疎い主人公と、恋愛に素直になれない幼なじみ、恋愛が嫌いな主人公の彼女の三角関係ラブコメ。

    会話のノリについていけるかで好き嫌いが分かれそう。

  • 冒頭で主人公が夕飯作ってるときの描写が「あっわかる……こうなるよね……」て感じの書き方だった

  • ドラマCDと一緒に読むと臨場感があって良かった。

  • 9784797363968 283p 2011・7・1 初版6刷

  • これは漫画だ

  • bookliveセール

    これはひどい

    話の塊というか、文章の流れというか、なんというか。
    SS?
    地の文でのネタも……という感じ。

    ラブコメを長続きさせる動機づけに関しては、まぁ、好感触なほう。

  • これがラノベ初挑戦の作品です。
    小説は苦手なのですが、ラノベって読みやすいんですね。

    作者さんもおっしゃっていましたが、まさに王道中の王道です笑
    ですが、ありきたりといった感じはなく新鮮でした^^

    1巻では幼馴染の千和が少しかわいそうだな・・・とも思いましたが
    それはそれで、タイトル通りになってるのでいいのかな?笑

    おもしろい作品でした。2巻へ。

  • あんな幼馴染が欲しかった…。

全51件中 1 - 10件を表示

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる (GA文庫)のその他の作品

裕時悠示の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる (GA文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする