這いよれ! ニャル子さん 7 (GA文庫)

著者 :
制作 : 狐印 
  • SBクリエイティブ
3.76
  • (15)
  • (33)
  • (33)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :336
  • レビュー :24
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797364071

作品紹介・あらすじ

クー音が地球から消え失せた日の深夜、ニャル子は報告書を作成していた。真尋のそばに居るためには、手を抜くことなんか出来ない。そうして作業を進めながら、ニャル子は地球へ来てからの様々な事件を思い出していた。必死に真尋の好感度を上げようと頑張ったこと-。蕃神の代わりに地球の神々を守る為、幻夢境へ行ったこと-。真尋さんがまさかの裸幼女を連れ込んで(怒)いたりしたこと-等々。しかし肝心の真尋のニャル子への好感度は上がるどころか、むしろ下がる一方。しかも最近は余計なライバルまで増えてきてしまったようで!?-。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 今回は短編集。
    先にあとがきネタから。
    同じ道民なので、よく知っている(現状全国区化してるけど)ホワイトストーンズが出てきて吹きました。
    ホッカイダーのほうは残念ながら知らないです。
    さて本編について。
    1つ目は1巻の直後ぐらいでニャルコ視点、2つ目はイースの偉大なる種族事件の途中、3つ目はイースの偉大なる種族事件の後で玉緒視点、4つ目はクー音襲来後、5つ目は4つ目のすぐ後、6つ目はシャンタッ君のお話という構成です。
    ネタはいつもどおり山程満載。
    いつもの真尋視点じゃない話が3つほどあって、それが新鮮でした。
    1つ目はニャル子と珠緒の恋愛相談、2つ目は幻夢境でニャル子とクー子と真尋のコント、3つ目は玉緒の秘めた気持ちとニャル子の恋愛相談(若干一つ目とかぶる)、4つ目はプール回、5つ目はニャル子不在でミ=ゴ退治、6つ目はシャンタッ君の淡い恋心という感じですかね。
    シャンタッ君のお話は良かったです。
    シャンタッ君の頑張ってるっていう感じが良いです。
    うどんに使ってる鳥肉がタカとクジャクとコンドルとタジャドルコンボとか、明らかに札幌テルメネタだったりとか(あれ、茨戸だから札幌でもかなり郊外の方にあるのよね。石狩市の境界線にかなり近いし)、真尋がメイド服になって血の封印を解いちゃったりとか、母親がニャル子とクー子にお仕置きってことでひどいことするとか、記憶消去バットの名前がルナジョーカーだのヒートジョーカーだのと、ニヤニヤしっぱなしです。
    ほんと楽しくて良いです。
    メタ発言しまくりですしね。
    頭空っぽで読めるのが良いです。

  • 短編集。
    テレビサイズってところですかね。(^^;
    ゲーム関係の小ネタが多かった感じ。
    「小さな恋のうた。」が好印象。テレビでも見たけどね。

  • 今回は短編集です。

    第1話は、ニャル子が真尋のハートを射止めるために、暮井珠緒のアドヴァイスを受ける話。第2話は、ニャル子たちが幻夢境の新しい蕃神について考える話。第3話は、珠緒の視点で、ニャル子の恋愛相談を描いています。第4話は、ニャル子たちがプールに出かける話。第5話は、北極で地球のレア・アースを採掘しようとしているミ=ゴを退治する話。第6話は、シャンタッ君視点の話で、真尋のために尽くそうと考えたシャンタッ君が幼女になる話です。

    本編からしてストーリーはあってないようなものなので、短編集になってもクォリティに変化はありません。珠緒視点の物語は新鮮でした。

  • 半分くらい書き下ろしの短編集です。いつも通りのメンバーが活躍する話の他、珠緒やシャンタッ君が主人公の話も収録されています。
    好みだったのは珠緒の話とプールの話。珠緒の話は若干の切なさが残り、こう言ってはなんだけど結構新鮮でした。プールの話はルーヒーが可愛かったです。
    しかし…真尋さんのハーレムがだんだんと増えていく…。

  • ……バカなっ。短編集、だと?

  • シリーズ物ですが今回は短編集。
    半分ちょっとが書き下ろし。

    シャンタッ君の話とか、ルーヒーとハス太君のフラグだったり、プールに行く話とか、ニャル子が風邪をひく話とか。
    ポイントを抑えすぎてて萌える。

  • 短編集。
    ニャル子メイン巻でヒロインとしての面目躍如です。
    6編中2編は報告書という形でニャル子の視点で書かれていて、いつも真尋に言い寄ってるのが偽りの無い本音だと言うことがよく分かります。
    ニャル子が紅茶党だと知って親近感が沸きました。

    シャンタッ君が主役の話もあります。

  • 今回は短編集。
    雑誌掲載分+描きおろしという構成。
    どれも軽く読めるお話ですが、個人的に好きなのは珠緒絡みのエピソードかな。
    確かにアニメでもそんな風に仄めかされてましたね。そういえば。

  • 今作は短編集。短編になってもノリは相変わらずですが(^^;

  • 913.6 ア 登録番号8223

全24件中 1 - 10件を表示

這いよれ! ニャル子さん 7 (GA文庫)のその他の作品

逢空万太の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

這いよれ! ニャル子さん 7 (GA文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする