踊る星降るレネシクル 4 (GA文庫)

著者 :
  • SBクリエイティブ
4.00
  • (8)
  • (18)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 105
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797365108

作品紹介・あらすじ

ミカホシで、市をあげて行われる大祭『極星祭』。この祭にクラスで演劇『ベツノカの悲恋』をやることになり、レンヤ、すまる、瑞貴は、それぞれカカセオ、ベツノカ、カグツヒメの役を演じることになった。「わーい、師匠と共演っ!」喜ぶすまるだが、顔の文字は…『邪魔ものが』『ひとり!』「ふん?邪魔ものはそちらだ!」すまると瑞貴に板挟みにされたレンヤは、無事に劇ができるのか!?一方、ミカホシ教団では香山円離が下した「星ノ令」-現星柱・千陽院みらのミカホシ追放をめぐって、大騒動となっていた…。恋も闘いも加速するハイテンション学園ストーリー第4弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 文化祭的な話かと思ったら、物語が動き出す4巻!

    劇をすることになったレンヤたちは、それぞれの星の役を演じることに。

    しかし、前回の勝者の『星柱を下ろす』という星の令が、論議を呼んでいて、そこから反乱が起こるのだった。

    見所はなんといっても、レンヤの親友・乾闇鳴ですね!
    彼の妹や、それにまつわる乾のトラウマとも言える過去。それでも親友っていうのが超燃えます。

    遊園さんはいつも通りで大好きです。あと、もうふちゃんが何気にカッコいい。ひきこもりなのに(笑)

    この盛り上がりから、三年も待たされたんだなぁと感慨深いものがありました。

  • 師匠ぉぉぉ〜っ!!!と二度シャウトせざるを得ない4巻。人から人に『思い』が受け継がれて行く、ジョジョやカムイ伝に通じるものを感じた。

  • 三星会との戦いに期待しています

  • 極星祭ということで、閑話休題的話になるのかと思ったら、物語が一気に走り出してびっくり。ついに現れた黒幕に強大な力を持つ敵。ランカーが敵味方に別れありそう展開に胸が熱くなりました。レンヤの助けに入る闇鳴、遊園、もうふが最高でした。すまるも遂に覚醒。と思ったら、まだまだ陰謀ぎ渦巻いているようで。次が一つの山場になりそうで、楽しみです。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

『踊る星降るレネシクル』でGA文庫大賞《優秀賞》を受賞し、デビュー。シリーズ『俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる』は180万部突破。アニメ、コミック等で展開。2016年に新シリーズ『29とJK ~業務命令で女子高生と付き合うハメになった~』(イラスト:Yan-Yam)も開始。「29とJK」もガンガンGAにてコミカライズ開始、コミック1~4巻も発売中。最新刊5巻9月発売。

「2020年 『29とJK8 ~そして社畜は今日も働く~』 で使われていた紹介文から引用しています。」

裕時悠示の作品

ツイートする
×