孫正義 奇跡のプレゼン 人を動かす23の法則 ( )

著者 :
  • SBクリエイティブ
3.41
  • (9)
  • (19)
  • (25)
  • (11)
  • (0)
本棚登録 : 244
感想 : 27
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797366495

作品紹介・あらすじ

常識を覆せ!不可能を可能にする男・孫正義の伝える技術、その極意を学ぶ一冊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • プレゼンの達人と呼ばれ、奇跡とも呼べる企業提携を世界中で実現してきた孫正義であるが、実は、そのプレゼン戦略は非常にシンプルで明確。本書には長年仕えてきた筆者しか書くことができないものであると思います。

    孫社長のプレゼンの様子はYoutubeなどで比較的手軽に見ることができますが、何度見てもその名調子に引き込まれてしまいます。本書は長年孫正義社長の側に仕えてきた筆者が明かす孫正義流プレゼンテーションの極意とも呼べるものです。

    ここに書かれていることで一番印象に残ったのは『準備』に相当手間をかけている、ということです。同じく、プレゼンテーションの魔術師の異名を取った故・スティーブ・ジョブズ氏もまたプレゼンのリハーサルはそれこそ家族や社員総出で行っていたというエピソードとはまた違いますが、孫社長の場合はまずブレインストーミングというのか。ホワイトボードを徹底的に使い、彼の言葉で言うところの『頭がちぎれるほど』考え抜いたアイディアをプリントアウトし、それを部下が文字通り徹夜で整理して骨子をくみ上げていくというところに、『爺殺し』や『人たらし』などと一部で嫉妬を買うようなあの聴衆を一気に自分に引き込むようなプレゼンができるのかなと思ってしまいました。

    僕が印象に残っている孫社長のプレゼンは最後のほうで、自分の祖母の写真をスライドで見せ、『海峡』を14歳で渡ってきた祖母や自分のルーツを語り、『がんばります、よろしくお願いします』と深々と頭を下げた場面でした。ここに書かれてあることをすべて実行するのはすぐには無理かもしれませんが、プレゼンの能力を少しでも上げていきたいという方はぜひ参考にされてみてはいかがでしょうか?

  • ■プレゼン
    1.孫正義のプレゼンは、一般的な経営戦略論の枠組みに従って、自社の強みや弱みを説明することなどはしない。その代り、その事業の「歴史的な必然性」を訴えるのだ。
    2.戦略とは情報を徹底的に集め、枝葉を除去し一番太い幹になるものだけに絞り込み、これをやらなければならないという急所を見つけること。つまり戦略の本質は「略」すること。
    3.数字は「比較」して初めて意味が伝わる。
    4.プレゼンテーションする人が「主」で、スライドは「従」
    5.人間はまず感情が動かされ、興味を持って初めて、論理的に話を聞く準備ができる。
    6.経営者は身だしなみに気を配れ。経営の神様、松下幸之助も髪の手入れに余念がなかった。
    7.心理学的には、アイコンタクトができないことは自信のなさの表れやうそをついているという印象を与える。

  • さすがに10年前のは古かった。
    アップデートしたヤツを先に読んでいたので。

  • 今ではよく目にし耳にする
    孫正義の『1スライド・1メッセージ・1イメージ』
    専門家でもない人間でも分かるほどシンプルな作りは、興味を引き込み、次に何が出てくるのかを期待させる。なぜだか知らないうちに、孫正義の渦に巻き込まれている(笑)
    ビジネスに問わず、気づかないだけでプレゼンは常にやっている。自分でない誰かに向かって発していること自体がプレゼン、ここを分かってやるのと、何も分からずするのは雲泥の差(^^;

  • 孫正義社長のプレゼンは分かりやすいが、そこには見た目のわかりやすさや、数字の裏付けだけでなく、歴史的必然性が盛り込まれていた。ソフトバンク社内でのエピソードも興味深い。

  • 練習はしてないってのは結構な衝撃。
    作り込む過程で理解把握して、話すきっかけを思い出すためのものという位置付けなんだなあ。

  • 大崎Lib

  • 具体的な例として載せてあったスライドの作り方はとても参考になった。情報を詰め込みすぎてわかりにくいという悪いプレゼンをよくやってしまうので、要点を伝えることをもっと意識したい。ただ、何を伝えるかというのは、孫さんのように語るのはまだまだ勉強が足りなくて、できそうにない。時代の先を読む力を持つこと、歴史的必然から語ることなど、それは一朝一夕ではできないが、10年後、20年後にそうなれるように、学び、考え、表現し、批判され、話し合い、などなど、考えを深化させる過程を持つことが大切だと思う。

  • 孫正義が優秀なプレゼンターということはわかったが、書いてあるテクニックはそれほど目新しい物ではなかった。

  • 愛嬌がコミュニケーションの力になる。
    競合比較の際はジョークで柔らかく。

全27件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

トライオン代表取締役社長/元ソフトバンク社長室室長

「2021年 『ムダな努力を一切しない最速独学術』 で使われていた紹介文から引用しています。」

三木雄信の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エリック・リース
ウォルター・アイ...
デールカーネギ...
ロバート キヨサ...
大前 研一
落合博満
ウォルター・アイ...
有効な右矢印 無効な右矢印

孫正義 奇跡のプレゼン 人を動かす23の法則 ( )を本棚に登録しているひと

ツイートする
×