ヒザ・腰・肩の痛みは自分で消せる! 体がラクになる簡単エクササイズ (SB新書)

  • SBクリエイティブ
2.83
  • (0)
  • (0)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 29
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797366990

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 第1章  なぜヒザは痛くなるのか? 知識編
    第2章  ヒザの痛みが消える簡単エクササイズ 実践編
    第3章  なぜ腰が痛くなるのか? 知識編
    第4章  腰の痛みが消える簡単エクササイズ 実践編
    第5章  なぜ肩や首が痛くなるのか? 知識編
    第6章  肩こりが消える簡単エクササイズ 実践編


    「フィジカルトレーナー」「フィットネスモチベーター」というフィジカル、メンタル両面から身体をサポートする肩書きを持つ筆者が、僕ぐらいの年代から出始めるだろうヒジ・肩・腰の痛みに注目して、原因とその解決(緩和)の方法をわかりやすく説いてくれます。

    知識編では身体を形成する骨の名前や靭帯の名前などが出てきますが、全く覚える必要はなく、自分の身体に照らし合わせてイメージすればいいと思います。

    実際に痛みを持っている人ならば、痛みのある部位の章から読み進んでいくことも可能です。

    痛みが出ないようにするためにはバランスが大切であり、筋力や左右のバランスが崩れている部分から支障がでてくることがわかります。

    筆者が説いているエクササイズに関しても、無理にすることなく日常に組み込んで長く続けられることを前提にしいるのでわかりやすく、スタートしやすいものになっていると感じました。

  • 運動指導者には役に立つ一冊。
    復習にもなるし、現場で使えそうなトリビア的な小ネタも散りばめられているのがよい。たとえば、「肩がこる」とは、夏目漱石がつくった言葉など。

    個人的には、ひざ痛、腰痛、肩こりとストレスとの関連を強調していたところがとても共感できた。
    ストレスマネジメント、セルフコントロールで割と多くの部分は改善が見込めると思うので。
    それにしても、上のような痛みはいまだに十分解明されていないことに、少々驚いた。人間のからだは謎だらけ。

    巷ではひざ痛・腰痛改善グッズが次々と登場するが、結局は正しいストレッチと筋トレを無理なく続けることが最も有効なのであるということ。
    プロはその当たり前のことを、動機づけながら正しく伝えていくことが大事なのだ。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

(株)スポーツモチベーションCLUB100最高技術責任者
PTI認定プロフェッショナルフィジカルトレーナー
米国スポーツ医学会認定 運動生理学士(ACSM/EP-C)
フィジカルを強化することで競技力向上や怪我予防、ロコモ・生活習慣病対策などを実現する「フィジカルトレーナー」の第一人者。「理論的かつ結果を出すトレーナー」として、卓球の福原愛選手やバドミントンの藤井瑞希選手など、多くのアスリートから絶大な支持を得ている。2008年の伊達公子選手現役復帰にも貢献した。2014年からは、青山学院大学駅伝チームのフィジカル強化指導も担当。早くから「モチベーション」の大切さに着目し、日本では数少ないメンタルとフィジカルの両面を指導できるトレーナーとしても活躍を続けている。自身が技術責任者を務める東京神楽坂の会員制パーソナルトレーニング施設「CLUB 100」は、「楽しく継続できる運動指導と高いホスピタリティ」が評価され活況を呈している。主な著書に『世界一伸びるストレッチ』(サンマーク出版)、『青トレ』(徳間書店)などベストセラー多数。

「2018年 『あなたに必要なストレッチがわかる本』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ヒザ・腰・肩の痛みは自分で消せる! 体がラクになる簡単エクササイズ (SB新書)のその他の作品

中野ジェームズ修一の作品

ツイートする