出口 汪の論理的に考える技術 (ソフトバンク文庫)

著者 : 出口汪
  • SBクリエイティブ (2012年2月18日発売)
3.42
  • (13)
  • (29)
  • (33)
  • (15)
  • (1)
  • 本棚登録 :394
  • レビュー :33
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797367638

出口 汪の論理的に考える技術 (ソフトバンク文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 始めて出口汪さんの「論理的に考える」を読んだ。 文章のつじつまが合い、文章がスラスラしていると思う。 一番気に入った点は、発表する前にひと呼吸置いてから発表すること。 ざわついた中では皆が注目するまで待ち、視線が集中してから話し始める。

  • 出口先生の参考書には、受験生時代に大変お世話になりました。
    そして、表紙のイラストが、大好きな漫画家さんのソウさんのイラストだったので、迷わず購入しました。

    読んだ感想は…、
    わかりにくかったです。

    論理がすごく重要ということは伝わりましたが、論理メソッドのイメージがつかみにくいです。
    論理の理論を読んでも、靄をつかむようで、実際にどうやってみればよいかわからない。

    論理的に読む方法を紹介するのに、例文を載せるなどして、一語一句の論理的役割を説明してあるとよかったのになぁ、と思います。

    あと、対話形式の文章も読みにくかったです。

  • 余計なことは省いて、できるだけ簡素な文を用いているので、読み易くて納得の行く内容だった。あとは実践するか否かだけれど、試しに読書のときに先を予想しながら読むことを意識してやってみたら、確かに読書スピードが増した(ような気がした)。大事なのは意識して論理を得ようとすることと、日々それを忘れずに物事に取り組むことだそうだ。本は薄いけど、充分実践的なことが書かれてあるので、若者で自分の思考や発言を向上させたいと感じている人にとって良いバイブルとなると思う。

  • 新入社員の論理思考エントリー用の書籍かな?内容がライトすぎて、何が書いてあったのかな?という状況です。

    中堅以降ならピラミッドストラクチャー等の論理思考を脳に汗をかきながら、きっちり学んだ方が良いように思います。

  • 正直期待しすぎたかも…個人的に真新しい内容はあまりなかった。
    でも!他者意識というシンプルなものの考え方や姿勢が何においても大切で、そういうことをおざなりにしてしまいがちにしているんだろうなと思った。

  • ■イコールの関係

    ・自分の主張=具体例・エピソード・引用

    自分の意見⇨自社や他者の類似事例など

    ■対立の関係
    ・主張とは別の事例をもってくる

    日本の良い点を指摘する時⇨アメリカやヨーロッパの国を比較して持ってくる

    ■理由づけ、因果関係

    理由づけ
    自分の主張⇨具体例の提示⇨理由づけ

    因果関係
    具体例の提示⇨共通性の提示⇨結論⇨主張

  • 対談形式でわかりやすい。論理的思考は、日々トレーニングしないと身につかない。それにはやっぱり毎日文章に触れることが大切。

  • なんとなく読んだけど
    読んでも話し方って変わらんよな〜
    実践あるのみ??

    ポイントをひとつに絞って
    意識しないとすぐ忘れちゃうし
    わかったようでわからない。
    つまるところ多分あんまり理解できてない。

  • 論理的、がキーワード。書くのも読むもの、考えるのも。

  • 当たり前のことが書かれていたが、新聞を読むことがやはり論理的に考えるためにはまずスタートだということが再認識できた。

全33件中 1 - 10件を表示

出口 汪の論理的に考える技術 (ソフトバンク文庫)のその他の作品

出口汪の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
落合博満
J・モーティマー...
伊賀 泰代
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

出口 汪の論理的に考える技術 (ソフトバンク文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする