親愛なるきみへ (ソフトバンク文庫)

制作 : 雨沢 泰 
  • SBクリエイティブ
3.87
  • (4)
  • (5)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 74
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (429ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797367683

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 洋書は苦手ですが、
    映画を観て原作を読みたくなりました。

    dear johnというタイトルにはもともと「別れの挨拶」という意味があることを知って納得しましたが、原作は切ないです。
    ストーリーが壮絶なだけにハッピーエンドを期待していたけど、最後まで切ない。

    家族、友情、恋人と
    さまざまな愛の形がありますが、
    人を愛するということについての本質的な部分が描かれていると思います。

  • 映画は見てないけど、予告で見た月のシーン。
    原作読むとそこはイメージは重なった。流れで納得いかない部分もあったけど、あの月のシーンはよかった。

  • 映画を観る前に原作を読みました。
    永遠を誓いあった二人なのに
    サヴァナが別の結婚を選んだ事の説得力が弱い気が・・・
    最後が切なすぎるのはスッキリしないけど
    あえてハッピーエンドでないところがいいのかも。
    ジョンとお父さんの父子の話もいいです。

  • 秋の夜長に読むのにピッタリな切ない小説でした。
    満月の夜にはきっとまたこの小説を思い出すことでしょう。
    プラトニックな恋人関係とプラトニックな親子関係・・全てが切ない。
    今まで生きてきて感じてきた好きな人への想いや家族への想いがみんな描かれているような気がします。

    ほんとうの愛とは、どういうものだろう?

  • 映画の原作と知って興味があったので読んでみた。
    うん、何とも言えない。
    面白いとも面白くないとも。。。

全6件中 1 - 6件を表示

プロフィール

ネブラスカ州オマハ生まれ。大学を卒業後、さまざまな職業を経験。1996年に『きみに読む物語』を発表すると、全米で600万部を超す大ベストセラーとなり、一躍人気作家の仲間入りを果たす。その後も『メッセージ・イン・ア・ボトル』『親愛なるきみへ』など、すべての作品が全米ベストセラーの上位にランクイン、累計5000万部のセールスを記録している。

ニコラス・スパークスの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
東野 圭吾
伊坂 幸太郎
ニコラス スパー...
ニコラス・スパー...
有効な右矢印 無効な右矢印

親愛なるきみへ (ソフトバンク文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする