父親が子どもの未来を輝かせる (SB新書)

著者 :
  • SBクリエイティブ
3.80
  • (4)
  • (4)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 44
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797367997

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 父親が子どもたちにできることを教えられた。

  • 本書は、父親による家族マネジメントを通じて、子どもと奥さんが幸せになるための心構えと技術を紹介したもの。

    <ポイント>

    ○育児のミッション=子ども:「幸せな大人になる」←親:「子どもの幸せを支える」
    ○大切なのは人より早く何かをできるようになることではなく、「相応しい」時期にできるようになること

    ○子どもの3つの育ち
     ①身体の育ち・・・「食」と「運動」、睡眠を中心とした「生活リズム」が鍵
       「食」:食べる楽しさを知ってもらうことが最も大切。家族や仲間と食事を共にすること
       「生活リズム」:成長ホルモンのゴールデンタイムである夜10時~2時に熟睡していること

     ②能力の育ち・・・大人の「環境整備」と「待つ姿勢」が鍵
       「環境整備」:
        ・自己成長するための「もの」を子どもの周りに配置しておくこと
        ・複数の相応しいもの(活動)から子ども自身が選択すること
        ・何を選んでもいい自由とどう遊んでもいい自由を保障すること
        ⇒ やる気や意欲、考える力をつけるきっかけに
      
    ③人とつながる力・・・「模範としての大人」が鍵
        ・子どもは父親を模範とする
        ・両親は親だけでなく、結婚観を形成する「夫婦の模範」としての責任も
        ・あなたの今が充実していることが、子どもが幸せになる最も近道

    ○言葉としつけ
     ・言葉は大切な道具
     ・読書が読み書きする力を伸ばす
     ・テレビは大切なコミュニケーションを奪うが、イライラが募るのであれば過度に厳格にする必要はない。
     ・しつけは必要最小限に
      ①基本的な生活習慣(衛生安全、睡眠・食事、準備・片付けなど)
      ②対人関係の基本ルール(マナー、エチケットを含む)
     ・大人が模範を示し続けることが重要

  • 子育てに関わる父親は一読しておくとよいと思います。

  • 男親が持つべき、子育てに対する基本的な考え方がよく分かる本でした。

    子育てについて、自分とパートナーだけでなく、周囲の大人たちとの協力体制を作りながら、子どもが幸せな大人になるためにどのような手助けが出来るのかを考えていくというような、俯瞰的な見方をする大事さに気づきました。

  • 「家族マネジメント」という視点から父親の子供へのかかわり方をのべている。モンテッソーリ教育に関心がある方のみならず、育児に対する意識の高い方から必ず参考になる点があると思います。良書。

全8件中 1 - 8件を表示

プロフィール

吉祥寺こどもの家園長

父親が子どもの未来を輝かせる (SB新書)のその他の作品

百枝義雄の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロバート キヨサ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする