彼と人喰いの日常 2 (GA文庫)

著者 :
制作 : 春日歩 
  • SBクリエイティブ
3.88
  • (4)
  • (8)
  • (3)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 46
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797368666

作品紹介・あらすじ

「あの…どなた様でしょうか?」「正義の味方様だ」鮮やかな朱髪の女性はそう言うと、ドン。迷わず十夜と黒衣に狙いを定めて対戦車ライフルをぶっぱなした!女性の名は因幡朱音。田中と同じ退魔省の職員だというのだが…駆けつけた田中のおかげで事無きを得た十夜だったが、代償として連続殺人を行なっている妖刀の持ち主を探すことに。だがその容疑者は、「黒峰真白、一年生です」十夜と同じ学校の後輩だった!これは人喰いの妖と暮らしている少年の"非日常な日常"の物語。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 人喰いの化け物と契約した少年と化け物がイチャイチャしてると
    ある朝,不審者(?)に対戦車ライフルを向けられる.
    正義の味方を自称する彼女は田中の同僚で
    「毎月1人の生贄ならば見逃す」
    という協定に承服できないようで….

    今回も良かったよ.
    ちょっと少年がグジグジ悩んでる所がうっといけど.
    しかし少年は最低だな.
    自分が最低であるために相手に正義であることを強要するなんて.

    しかしアレですね.
    最低な少年と,最悪の化物と,正義の味方というチーム結成ですか?
    今後も目が離せないねっ☆

  • 2012 1/29読了。WonderGooで購入。
    人喰いの化物・黒衣によって幼馴染の父親と自身に関する記憶を消した主人公。
    そんな黒衣を危険視する政府機関をなだめるために巷を騒がす通り魔の犯人と、その原因たる妖刀を追うことになる話。
    ・・・え、この主人公はいったいなにを狙っているんだ・・・? この巻では明かされないけれど、幼なじみ絡みでなんか危険なことを企んでいるようにも見える・・・。

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

第3回GA文庫大賞で【奨励章】を受賞、GA文庫『彼と人喰いの日常』でデビュー。

「2018年 『私を自分のものにした責任とってよね2 ~シロもそう思います~』 で使われていた紹介文から引用しています。」

彼と人喰いの日常 2 (GA文庫)のその他の作品

火海坂猫の作品

ツイートする