タネのふしぎ タネは光の色を見分けるか?「不老長寿の秘薬」と呼ばれるタネは? (サイエンス・アイ新書)

著者 :
  • SBクリエイティブ
3.88
  • (1)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 33
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797369670

作品紹介・あらすじ

タネに含まれる栄養成分や、発芽するためにタネの中で起きる出来事などに、興味がもたれることが少なくなっています。しかし、植物たちのタネは、生きものです。タネは、私たちと同じしくみで生き、次の世代に命をつなぐためにがんばっているのです。そんなタネたちの生き方に興味をもってください。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • タネの発芽条件は,「水,空気(酸素),適当な温度」と五年生の教科書には出ています。
    そして,親切な先生方は,「発芽には日光は関係ない」ということまで説明したりしています。
    しかし,本書を読むと,これまで,常識だと思っていたことが,?????となります。

    この夏,本書を基にしたレポートを読む機会があり,とても興味を持って読みました。

    花粉管が伸びていくのはなぜかなど,いろいろと興味深い話題がいっぱいです。

    植物に興味のある方,小中学校で理科を教えている方にお薦めです。

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

1947年京都府生まれ。京都大学農学部卒業、同大学大学院博士課程修了。スミソニアン研究所博士研究員などを経て、現在、甲南大学理工学部教授。主な著書に『植物のあっぱれな生き方』(幻冬舎新書)、『植物はすごい』『植物はすごい〈七不思議篇〉』『雑草のはなし』『ふしぎの植物学』『植物は命がけ』(すべて中公新書)、『入門たのしい植物学』『クイズ植物入門』(ともにブルーバックス)、『植物学「超」入門』(SB新書)、『植物は人類最強の相棒である』(PHP新書)ほか。

タネのふしぎ タネは光の色を見分けるか?「不老長寿の秘薬」と呼ばれるタネは? (サイエンス・アイ新書)のその他の作品

田中修の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする