俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 5 (GA文庫)

著者 :
制作 : るろお 
  • SBクリエイティブ
3.63
  • (8)
  • (21)
  • (16)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 164
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797369717

作品紹介・あらすじ

「えーくん、愛してる」「いいこと、鋭太。私はあなたの彼女なのよ」「わたしもギュッとして?」「ねえねえタッくん!あの女とはいつ別れてくれるの?」右に幼なじみ。左に彼女。前に元カノ。後ろに婚約者。この世には神も仏もいないのだろうか?千和からの思わぬ告白で、終わりを迎えた夏合宿。修羅場の鼓動が聞こえる中、二学期に向けて牙を研ぐ少女たちの物語。千和と母校の中学校へ!愛衣を巡って風紀委員と対決!ヒメとお泊まり!?真涼と恋愛脳狩り!?等を収録。裕時悠示×るろおが贈る、甘修羅らぶ×らぶコメディ第5弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 主人公羨ましい。

  •  吹き出しと表情の細やかさが光る「おそと走ってくる…」、そして、音喩的に表現された「愛衣ちゃん大勝利」の描術は、マンガにあっているんだなぁ…、と。

  • 特に内容をに進はない。それにいても千和が、だいぶん成長したと思う。

  • 4巻までは楽しく読めたけど、5巻からドロドロとしてきた感がある

  • なんだかんだで普通?のラブコメ化してきちゃいましたね.
    チワワの告白とチューによって面倒な事態に.
    もにょもにょする真涼さん可愛いわー.
    厨二病は卒業しましょう.
    恋愛妄想もほどほどに.

  • 真涼さんがいろんな意味で壊れてきたもにょ。修羅場という言葉がだんだんと違和感がないものになってる。

  • 解釈によっては、もうホラーなんじゃないかと。なに、この恋愛天下三分の計な展開は。

  • ライトノベルって夢も希望も想像も妄想もなんでも盛り込んでオッケーで、それでいて浅くても深くても広くても狭くても良いから面白いんだろうなあ。
    疲れた頭を休めるのにはちょうどよかった。

  • ・・・ごめんなさい。表紙のチワワが「ヤンデレ」に見えて仕方がありません(笑)
    「え~くぅ~ん?」とか言いながら、後ろから首締めているようにしか見えません。るろお先生のファンの方には申し訳ありませんが、表紙だけで一時間ほど腹抱えて笑っていました。ごめんなさい。

     さて。肝心の内容だけど、前半チワワ。中盤中二。後半偽彼女→淑女協定という感じでしたね。
     ただ、前にも書いたけど、やっぱりカオルくんが女の子にしか思えない……このシリーズ。最後にどう「オチ」をつけるのか知らないけど、最後の最後で「カオルくんエンド」を選択したら、ラノベ史上最高の「ラブコメ指定」をしてもいいと思いましたが、無難に終わりそう(曖昧にして終了しそう)なのがコワイ。

     ただ、少しずつ面白くなってきているのも事実。次が楽しみだー!

  • 流れは変わらず、平常運転。真涼さんの人格崩壊がががが・・
     怖すぎだろw 今回は、ヒロインごとの短編集といった漢字だったし、結局のところ流れはいつもっと同じ。真涼さんの感情にいろいろと幅が出てきたので、真涼派の自分としてはこのまま彼女のままでいて欲しい。
     

全13件中 1 - 10件を表示

プロフィール

『踊る星降るレネシクル』でGA文庫大賞《優秀賞》を受賞し、デビュー。本シリーズ『俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる』は180万部突破。アニメ、コミック等で展開。2016年に新シリーズ『29とJK ~業務命令で女子高生と付き合うハメになった~』(イラスト:Yan-Yam)もスタート。「29とJK」もガンガンGAにてコミカライズ開始。

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 5 (GA文庫)のその他の作品

裕時悠示の作品

ツイートする