異能バトルは日常系のなかで (GA文庫)

著者 :
制作 : 029 
  • SBクリエイティブ
3.70
  • (9)
  • (18)
  • (11)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 140
レビュー : 16
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797369915

作品紹介・あらすじ

俺を含めた文芸部の五人は半年前、とてつもない能力に目覚めた。
そして壮大なる学園異能バトルの世界へ足を踏み入れ――なかった! ?
「なんも起きねえのかよ! 」
神スキルとたわむれる何気ない日常。
だが、それだけじゃ終わらない新・異能バトル&ラブコメ、開幕! !

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 文芸部員は半年前、廚二病前回な展開が
    素のまま出来るようになってしまっていた。

    一番廚二病にかかっている主人公が、一番微妙な能力。
    本人は全員に二つ名をつけておりますが
    それもまたすごい。
    ルビがなければ、まったく分かりません。
    そして主人公のやる事なす事、がんばれ…と
    生温かい目で見守りたい。

    うっかり異能に目覚めた故に、な葛藤もあったようですが
    シュミレーションをしている主人公の言葉に
    全員救われたり、道筋をみたり。
    シリアス場面はそこだけでしょうか?
    本人達で二つ名をつけよう! は
    笑いをこらえるのに必死でした。
    後…お兄さん。
    しかしお兄さんは、本物そうです。

  • すっかりラノベ界の主流になった「異能」をメタ的に扱い、茶化し、日常系に組み込んだ作品。「お約束」をメタ化した涼宮ハルヒを彷彿とさせる。キャラ付けは突飛ではないが、サブカルや他作への言及や絡ませ方、そして文章のリズムも中々良かった。

  • 「異能バトルは日常系のなかで」
    テレビ東京 月曜25:05~
    キャスト:岡本信彦、山﨑はるか、早見沙織、種田梨沙、山下七海
    http://inou-anime.com/

  • 前8割は日常系。
    後2割は異能バトル(?)。

    5人以外の異能者達が影で動いているのが垣間見ることができた。今後に期待。

  • 『キルラキル』のTRIGGERでアニメ化、ということで読んでみた。ありがちなパロディ系ラノベかと思えば、結構違って…楽しかったです。アニメも期待。

  • アニメ化決定したらしいので登録。

    面白いですよ。

  • コアすぎるパロネタと主人公のノリに好みがわかれそうですが、私は好きです。
    …パロさっぱりわからなかったけど(笑)

    謎多き1巻。
    これからが気になります。

  • 異能に目覚めたのに特にバトル展開に突入せず、何にも起きない、という厨二にうれしい異能日常系ラノベ。
    おもしろかった。めちゃめちゃ引きで終わっているので次が気になる。

  • タイトル通りかと思ったら、そうでもない?
    彩弓の話がおもろいな。
    ところで、Dazeはなんかのネタなんやろか。

  • いやー、いい感じに厨二病をこじらせてましたねー。でもちょいちょいイイ台詞挟んでくるんだよなぁ。個人的には好きなノリ。MF一乃さんに近いかな。日常系は好きなんで下手にバトル展開に持っていくより、タイトル通りこの雰囲気のままでいいかも。

全16件中 1 - 10件を表示

異能バトルは日常系のなかで (GA文庫)のその他の作品

望公太の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

異能バトルは日常系のなかで (GA文庫)に関連するまとめ

異能バトルは日常系のなかで (GA文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする