絵でわかる人工知能 明日使いたくなるキーワード68 (サイエンス・アイ新書)

制作 : 森川 幸人 
  • SBクリエイティブ
3.29
  • (3)
  • (9)
  • (19)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 181
レビュー : 17
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797370263

作品紹介・あらすじ

人工知能とは何かという基本的な問いから、人工知能にできること・できないことまで、イラストと文章でわかりやすく解説。人工知能の概念を直感的に理解できます。人工知能用語リファレンスとしても使える一冊です。

■本書で解説しているキーワード
シンギュラリティ / 収穫加速の法則 / ダートマス会議 / 全脳アーキテクチャ / 自動走行 / スマートシティ / 社会的脳(ソーシャルブレイン) / 人工知能と倫理 / 古典的AI / ディープラーニング / 機械学習 / 教師なし学習の重要性 / 強化学習 / 遺伝的アルゴリズム / 人工生命 / IBM Watson(ワトソン) / AlphaGo / エキスパートシステム / 探索エンジン / ディープQ ネットワーク / ネオコグニトロン / ミラーニューロン / ニューラルネットワーク / パーセプトロン / ヘッブ則 / シグモイド関数 / データマイニング / 協調フィルタリング / 検索アルゴリズム / 最良優先探索 / クラウド上の人工知能 / スパース・モデリング、スパース・コーディング / マルコフモデル / 隠れマルコフモデル / ベイズの定理、ベイジアンネットワーク / ゲームAI / 人狼知能 / 完全情報ゲーム / 不完全情報ゲーム / ゲーム理論 / 囚人のジレンマ / モンテカルロ木探索 / エージェント指向 / 知識指向 / 分散人工知能 / サブサンプション・アーキテクチャ / マルチエージェント / 自動会話システム / 人工無能 / オントロジー / セマンティック / LDA / 知識表現 / 自然言語処理 / 反射型AI 、非反射型AI / 意思決定アルゴリズム / ボイド / サイバネティクス / 画像認識 / 群知能 / 人工知能と自然知能 / シンボリズムとコネクショニズム / チューリングテスト / フレーム問題 / 心身問題、心脳問題 / 強いAI、弱いAI / シンボルグラウンディング問題 / 中国語の部屋 / 最急降下法 / 局所解 / ファジー理論 / カオス

第1章 人工知能ってなんだろう?
第2章 社会と歴史の中の人工知能
第3章 学習・進化する人工知能
第4章 人間を超える人工知能
第5章 人間の脳を真似る人工知能
第6章 ビッグデータと予測する人工知能
第7章 ゲームの中の人工知能
第8章 人工知能のさまざまなかたち
第9章 おしゃべりをする人工知能たち
第10章 意思決定する人工知能
第11章 生物を模倣する人工知能
第12章 人工知能の哲学的問題
第13章 人工知能が用いる数学
終章 人工知能にできること、できないこと

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ニューラルネットワークは卒論でやった。20年も前に。
    しかしかなり進化しているようだ。

    最近、ネットを利用していて思うことは、データ分析して出てくる広告が偏りすぎてつまらないということ。
    youtubeでも出てくるおすすめがいつも一緒で面白みがない。
    こういうのがお好みのようですけど、あなたの性格からするとこれも合うんじゃないかなみたいな分析のできる人工知能の開発を!

  • 御多分に漏れず、標榜「絵でわかる」にありがちな絵の軽妙さと内容の難解さとの乖離が著しいが、AI絡みの用語解説集としては優秀な本だ。バスワード的に語られる「AI」なるものの関連ワードを広く普く(そして浅く)拾い上げている。脳科学分野の進歩と応用が今日のAI発展の鍵につながっているが、その分野もきちんとフォローしているのはよい。

    他方で「遺伝子的アルゴリズム」「ニューラルネットワーク」と並列でいまさらの「エキスパートシステム」を語っていたりと、何がトレンドで何が重要なのか意味の重み付けはされていないので、読んでいて記憶には残りにくいかもしれない。あくまで用語解説集として読むのがよいだろう。

  • かわいいネコが解説する絵は楽しい上にわかりやすくて良かった。AIの思考形態やシステムから、逆にヒトがそれらを模倣(or自らの能力を再認識)する事で、頭の中を整理したり、新しいアイディアを創出できる可能性があるかと思った。

  • 人工知能(AI)とは何かという基本から、人工知能にできること・できないことまで、イラストと文章でわかりやすく解説した書。AI関連の書籍が増えてきた今、内容をしっかり理解する上で参考になる。

    第1章 人工知能ってなんだろう?
    第2章 社会と歴史の中の人工知能
    第3章 学習・進化する人工知能
    第4章 人間を超える人工知能
    第5章 人間の脳を真似る人工知能
    第6章 ビッグデータと予測する人工知能
    第7章 ゲームの中の人工知能
    第8章 人工知能のさまざまなかたち
    第9章 おしゃべりをする人工知能たち
    第10章 意思決定する人工知能
    第11章 生物を模倣する人工知能
    第12章 人工知能の哲学的問題
    第13章 人工知能が用いる数学
    終章 人工知能にできること、できないこと

  • 表面的な話だけではなく、人工知能に使われる数学の話や
    それぞれの学習法の話。意思決定理論の種類などを章ごとに分けて、説明してくれているので、別の書籍やWEBでの人工知能学習の補助書としてよい。
    もちろん、読み物としても読みやすい。(*ただし、最後になるにつれて、
    少しレベルは上がる。)

  • 全部さらっと頭に入るほど優秀ではない私ですが
    とても楽しく、興味深く読了しました。

    人工知能と一口に言っても、いろんな種類があり、
    既に実用化され、生活の一部になっているものも
    多くあるのだとわかりました。

    カタカナが羅列された難しい用語が多いのですが、
    猫のイラストがわかりやすく補完してくれており、
    子供も最初の方だけは(難しくなる前のとこまで)
    一緒に読みました。

    賛否両論の意見はあるかと思いますが、実際に
    AI、IoTというキーワードは、未来を考える上で
    避けては通れないものなのだと感じます。

    漫画本になりますが「AIの遺電子」も併せて
    AI入門編としてオススメしたいです。

  •  人工知能に応用されている様々な技術が、簡単な説明とニャンコとロボのカワイイ絵でわかる。

     つまり、人工知能よくわからん。

  • 人工知能(AI)に関する各種キーワードが初心者でも理解し易いよう、マンガイラスト付きで解説されています。
    だいたい一つのキーワードに対し、2,3ページ程度なので、いつでも手に取って隙間時間などでも読み易い構成でした。
    だからといって簡易過ぎレベルでもなく、しっかり技術的な記述も見受けられますので、AIに対してまずは一冊読もうという時の、きっかけとなる書として推薦できます。

  • 20170404 人口知能についての入門書。分かりやすく書かれていると思う。大事なのは最終章か。人とコンピュータの共存がこれからの世界の在り方に大事な役割を果たす事をどのように理解していくかだ。

  • 全体をギュギュギュって詰め込んだ感じ...イメージで理解できるのはいいけど...詳細は他で...

全17件中 1 - 10件を表示

プロフィール

三宅 陽一郎 @miyayou

京都大学で数学を専攻、大阪大学大学院理学研究科物理学修士課程、東京大学大学院工学系研究科博士課程を経て、人工知能研究の道へ。ゲームAI開発者としてデジタルゲームにおける人工知能技術の発展に従事。国際ゲーム開発者協会日本ゲームAI専門部会チェア、日本デジタルゲーム学会理事、芸術科学会理事、人工知能学会編集委員。著書に『人工知能のための哲学塾』(ビー・エヌ・エヌ新社)、『人工知能の作り方』(技術評論社)、『なぜ人工知能は人と会話ができるのか』(マイナビ出版)、『〈人工知能〉と〈人工知性〉』(iCardbook)、共著に『絵でわかる人工知能』(SBクリエイティブ)、『高校生のためのゲームで考える人工知能』(筑摩書房)、『ゲーム情報学概論』(コロナ社)、監修に『最強囲碁AI アルファ碁 解体新書』(翔泳社)、『マンガでわかる人工知能』(池田書店)などがある。
Facebook:https://www.facebook.com/youichiro.miyake
専用サイト:https://miyayou.com/

絵でわかる人工知能 明日使いたくなるキーワード68 (サイエンス・アイ新書)のその他の作品

三宅陽一郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
クリス・アンダー...
村田 沙耶香
伊賀 泰代
有効な右矢印 無効な右矢印

絵でわかる人工知能 明日使いたくなるキーワード68 (サイエンス・アイ新書)に関連するまとめ

絵でわかる人工知能 明日使いたくなるキーワード68 (サイエンス・アイ新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする