群れない生き方 (ソフトバンク文庫)

著者 :
  • SBクリエイティブ
3.17
  • (3)
  • (1)
  • (4)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 56
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797370706

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 俺流に読み解けば、"Don't think , feel it" 本能を磨けというところか
    桜井章一曰く
    「自分独自の考えを持ち、1つでいいから最低限譲れないという部分を死守しる」「それで君の周りに人がいなくなったら、それは自分が強くなった現れだと思っていい」と。

  • 利害関係を構築することは、多少なりとも自分の心を犠牲にすること。筆者のように「面白いか、つまらないか」だけで突き進むリスクは慎重に計算したいと思うが、利害に基づく人脈構築に歯止めをかける勇気は、常に持っていたいと感じた。

  • 群れてない人は読んでも意味なかった

  • 他人との距離感、バランス感覚は心を健康に保つ上で大切。

    期待と裏切りは他者から決められるんじゃなくて、最終的に自分で決めるんだったら、負の気持ちに引っ張られることはない、はず。著者の言う、「相手が変化した、自分も変化する」この気持ちが心の安定を保つには必要。

    SNSなどで確かにインフラは整備されているが、その使い方を誤ると不幸になるっていうこと。

    自分に嘘ついてまで、他人に合わせてまでやらなければいけないことってなんなのか、人生は確実に終わりに向かってます、後戻りは不可能。

  • 良書。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1943年東京都生まれ。大学時代に麻雀を始め、裏プロとしてデビュー。以来引退するまで20年間無配、「雀鬼」の異名を取る。引退後は「雀鬼流漢道麻雀道場 牌の音」を開き、麻雀を通して人としての道を後進に指導する「雀鬼会」を始める。

「2016年 『決断の作法』 で使われていた紹介文から引用しています。」

群れない生き方 (ソフトバンク文庫)のその他の作品

群れない生き方 (SB文庫) Kindle版 群れない生き方 (SB文庫) 桜井章一

桜井章一の作品

ツイートする