「公式ディレクトリ掲載テーマ」で学ぶ WordPressサイト制作入門

著者 :
  • SBクリエイティブ
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 23
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (350ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797372373

作品紹介・あらすじ

公式テーマを学び、安定したWordPressサイトを構築しよう!
WordPressテーマとは、WordPressのシステム上で動く、
PHPでプログラミングされたWebデザインのこと。
WordPressテーマはWordPressのシステムにマッチした構造を持つことで、
システムのパフォーマンスを最大限発揮できます。
こうしたWordPressテーマに一定の水準を設け、
WordPress.orgに属する世界中のテーマ・レビューチームがそれに基づく審査を行い、
通過したテーマが、「公式ディレクトリ掲載テーマ」です。
本書は、公式ディレクトリ掲載テーマに焦点を当てた、日本初の入門書です。
最も身近なテーマであるデフォルトテーマの「Twenty Thirteen」と、
本書のために著者が開発した「sonoichi」という、2つの「公式ディレクトリ掲載テーマ」を比較しながら、
テーマの作り方を学びます。
これによりWordPressへの理解がさらに深まり、WordPressが公式に推奨するシステムに最適化された
正しいテーマの作り方が、自然に身につきます。
WordPress入門から中級にステップアップし、より深く、より広く、使いたい人。
より安定し、より長く使えるサイトを制作したい人。
そんなあなたに、この本をお届けします。
より多くの人に、より長く愛されるサイトを作りたい、あなたのために。

プライム・ストラテジー株式会社 代表取締役 中村けん牛 推薦
「これからWordPressの「テーマ」に取り組む方のみならず、
すでに他の書籍などで「テーマ」に親しんでいる方にも、ぜひ熟読されることをお勧めします。」

第1章 WordPressでWebサイトを作ろう
第2章 デフォルトテーマからWordPressとテーマの基本を学ぼう
第3章 オリジナルテーマ開発フロー ~基礎編~
第4章 オリジナルテーマ開発 ~応用編~
第5章 テーマを目的に合わせて独自にカスタマイズする
付録 テーマを目的に合わせて独自にカスタマイズする

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ## ☆3:着眼点はいいが自分には合わなかった
    WordPressによるサイト制作の入門として,著者謹製の公式ディレクトリ掲載テーマsonoichiを参考に解説している。

    序盤にWordPressのおおまなか構成について解説した後,個別のパーツとその実現方法を,実際のソースコードを掲載しながら解説していた。

    WordPressもどんどんバージョンが上がるので,バージョンが上がっても通用するという視点で,公式ディレクトリ掲載テーマに着目したのはよかった。

    内容としても,そんなに悪くはないとは思ったのだが,いかんせんソースコードの記述とその解説がメインとなるので,なんとなくあわなかった。後半はこれはこれというように,これからやることとそのソースコードをどんどん併記する感じで,作業的な感じだった。

    既存のテーマをベースに新しいのを作るのではなく,既存のテーマをベースにそれに自分独自のスタイルや関数などでカスタマイズしていく,継承してオーバーライドするような解説がもっとあればよかった。

    説明しにくいのだが,ソースコードの細かい話が書いてある割に,一般的に有用と思われる処理の実装というような実感が持てなかった。

    個人的には「基礎からのWordPress」のほうが,リファレンスやTipsとしても参考になるところが多かったので,こちらがよかった。

    ## まとめ
    WordPressの普遍的な知識を身につけるという点で,WordPress公式ディレクトリ掲載テーマを使ったWordPressのサイト制作方法について解説していた。

    説明しにくいのだが,内容は悪くないが,自分にはなにか合わなかった。WordPressはたくさん本が出ているので,いろいろ読んでみて自分にあった本を見つけられたらいいと感じた。

    パーマリンク:<https://senooken.jp/blog/2018/03/23/>

  • オリジナル・テーマ開発のためには大変、役立つ。

全2件中 1 - 2件を表示

一戸健宏の作品

ツイートする