マラソンは最小限の練習で速くなる! 忙しい人の自己ベスト更新術 (SB新書)

  • SBクリエイティブ
3.17
  • (0)
  • (5)
  • (11)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 51
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797373165

作品紹介・あらすじ

◎月間走行距離100㎞台でサブ3、サブ3.5を実現!
カリスマトレーナーが教える市民ランナー必須ノウハウ

仕事や家事を抱える忙しい市民ランナーが、日々練習できるのは1時間くらいのものだろう。
その限られた時間で最大限の練習効果を発揮するメソッドがある。
月間走行距離100㎞台で、サブ3.5やサブ3を狙う筋持久力と心肺力の両方を底上げ。
ペース走主体の練習法は、シンプルにして超効率的だ。
自宅にいながらフルマラソンを疑似体験できる筋トレ法や、
ランナーに最適のストレッチ法は動画を見ながらセルフで実践!

月間走行距離100㎞台で自己ベストを更新できる超効率的トレーニング。

はじめに
第1章 走りすぎは自己ベスト更新を阻む
第2章 脱オーバートレーニングでパフォーマンスアップ!
第3章 月間走行距離100km台の超効率的練習プログラム
第4章 さしてシンドくもなく目標達成できる心拍ラン
第5章 練習やレース後のパフォーマンスアップ術
第6章 走らないでフルマラソンを体験する(秘)トレーニング
第7章 パフォーマンスがアップするストレッチ
おわりに

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読者想定は中級・上級ランナーなので、私は対象外だが、距離を走ればいいものではないとか、心拍数を見て自分の限度を知るとか、ランナーは4つのランクに分けられ、ランク内では進歩するが、ランクを超えての進歩はないなど、参考になった。いずれにしても、怪我をしては元も子もないので、自分の身体能力に合った練習をしたい。

  • 売れっ子トレーナー、中野氏による、効率的にマラソンのタイムを縮めるトレーニング論。距離信仰は捨て、ペース走を中心にすべし。心拍数に基づく効率的なトレーニングを。
    確かにその通りなんでしょう。個人的な経験からも、ペース走はタイム短縮には非常に有効だと思います。

    ただ、月150キロを少し超えるくらいで、3時間半や3時間といったタイムが出るというのはどうなんだろう。著者は、人間には持って生まれた運動能力があり、それを超えることはできないという。きっともともと運動能力が高い人にとっては、150キロくらいで軽々とタイムを達成してしまうってことなのでしょうか。

    マラソンの大きな楽しみのひとつは、やはりタイムへの挑戦です。たとえ持って生まれた能力が低くても、挑戦することは楽しい。その意味で、自分に挑戦するために距離を踏む、という姿勢は、やはり否定すべきものではないと思います。

  • 【No.153】距離信仰は捨てて、練習はペース走のみでよいとのこと。「性格とモチベーションのレベルが合わない練習は長く続かない」

  • 中野さんが指摘しているように、つい頑張りすぎちゃう傾向はある。痛みも感じるけど休む勇気はなかなか持てない。膝は消耗品であり軟骨は回復しないのであり、限界がある。でも、自己記録を追いかけたいのもスポーツ、とくにマラソンの醍醐味である。やる、やめとくのバランスが難しい。

    今でも、膝の疲労感はとれてないし(土曜に走って今日水曜)、左腿裏は走って三十分ぐらいで軽い痛みを感じる(一年以上この状態)。

    長くランニングは楽しみたいし、どうすりゃいいのよ?

    まあ無理しない。水泳トレを増やす。ストレッチを心がける。が本書から得たメッセージかな。

  • フルマラソンが終わったばかりで、反省も多く、モチベーションを高めるため。とは言いながら、「最小限の練習」というタイトルで惹かれるとは・・・
    ペース走をスピードのペースではなく、心拍数で走った方がいいと。心拍計が欲しくなる。
    室内トレーニングの方法も記されていて、かつ、それが動画で見られるQRコードもついている。雨の日に家で実践してみたい。
    そろそろ、休養を終えて走りださなくては。

全5件中 1 - 5件を表示

プロフィール

(株)スポーツモチベーションCLUB100最高技術責任者
PTI認定プロフェッショナルフィジカルトレーナー
米国スポーツ医学会認定 運動生理学士(ACSM/EP-C)
フィジカルを強化することで競技力向上や怪我予防、ロコモ・生活習慣病対策などを実現する「フィジカルトレーナー」の第一人者。「理論的かつ結果を出すトレーナー」として、卓球の福原愛選手やバドミントンの藤井瑞希選手など、多くのアスリートから絶大な支持を得ている。2008年の伊達公子選手現役復帰にも貢献した。2014年からは、青山学院大学駅伝チームのフィジカル強化指導も担当。早くから「モチベーション」の大切さに着目し、日本では数少ないメンタルとフィジカルの両面を指導できるトレーナーとしても活躍を続けている。自身が技術責任者を務める東京神楽坂の会員制パーソナルトレーニング施設「CLUB 100」は、「楽しく継続できる運動指導と高いホスピタリティ」が評価され活況を呈している。主な著書に『世界一伸びるストレッチ』(サンマーク出版)、『青トレ』(徳間書店)などベストセラー多数。

「2018年 『あなたに必要なストレッチがわかる本』 で使われていた紹介文から引用しています。」

マラソンは最小限の練習で速くなる! 忙しい人の自己ベスト更新術 (SB新書)のその他の作品

中野ジェームズ修一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
クリス・ギレボー
伊賀 泰代
池井戸 潤
恩田 陸
又吉 直樹
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする