なぜ、「できる人」は「できる人」を育てられないのか? (ソフトバンク文庫)

著者 :
  • SBクリエイティブ
3.00
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 19
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797373240

作品紹介・あらすじ

エリートばかりを集めたどんな超一流企業にも、その中で「できる人」と「できない人」が存在します。「できる人」はその手腕を買われ、リーダーとしての役割を期待されますが、往々にしてうまくいきません。「できる人」の率いる集団が必ずしも「できる組織」にならないのは、自分で「できる」能力と、他人の「できる」を引き出す能力が、全くの別物だからです。また「できる人」には「できない」というのが具体的にどういうことなのか理解できません。プレーヤーからマネジャーとなり、部下の扱いに苦労するあなたに、「できない人」の導き方をお教えします。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • できる人が書いた本。
    コーチングができないから、読んでいるのに。
    自分の本に書いていることを実践していない本。

    前半は気づきを与えるための、できる人の勘違いについて延々と書かれている。繰り返しが多く、面白くない。
    ・できる人はもともと能力があるから、モチベーションも湧く。できない人は能力がないから、頑張ろうとおも思わない。
    ・できない人を見下さないこと。事実からその人物に対して勝手に「怠慢」とかストーリーを作ってしまっている。

    実践しようと思うことは、
    ・ホウレンソウに確認を加え、「伝わっているか」を確認すること。自分のレベルに合わせて話してしまっている可能性がある。
    ・強制力を徐々に下げていく。命令→指示→要求→提案→意見→委任。
    ・部下育成の4ステップ。
    ①視点を変える。(時間がないからできない→完璧でなくても良いならできる)②動機付けて行動を促す。③進捗を管理する。(目標数の50には届かなかったが40には届いた)④より高い目標を設定する。

    ただし、目標を立てればやる気が湧くということはない。むしろ削ぐこともあるので、目標万能信仰はやめること。

  • できない人がいるのではなく、できない状況があるということ。できる人の判断基準でものを見ないこと。

  • 2013/6

全3件中 1 - 3件を表示

なぜ、「できる人」は「できる人」を育てられないのか? (ソフトバンク文庫)のその他の作品

吉田典生の作品

ツイートする