のうりん 6 (GA文庫)

著者 :
制作 : 切符 
  • SBクリエイティブ
3.85
  • (7)
  • (37)
  • (14)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 194
レビュー : 19
  • Amazon.co.jp ・本 (312ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797373363

作品紹介・あらすじ

最後の寮生来襲!グローカルな規模で超展開する愛と有機の農業高校ストーリー、全世界激震の第六弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • なるほど。それでフェアトレードとか言う話が出てくるのね。いや、とにかくゲストの影が薄いというか、レギュラー陣が濃すぎるというか、いつも通りのお話です。

  • のうりん6巻目。
    最後の寮生が日本に帰ってくる。

  • TPPや日系ブラジル人といった時事ネタをライトノベルで実行するのは挑戦的かつ教育的ですごいとは思うのだけれど、ネタ1つごとに新キャラ1人というのは苦しいかなあ。ナタリーはともかくアリーナはキャラが薄くて取材ネタのためのキャラという感じになってしまっている。

  • 評価:☆4

    ナタリーって誰だっけ…?ってなるぐらいには久々なのうりん。

    美少女の足でシコシコした麺なら付加価値がついて一部の層に売れ…ないか(笑)

    特攻の拓挿絵の天丼には流石に笑ったww
    今回でベッキーに目をつけられてしまった耕作は果たして無事でいられるのだろうか・・・(笑)

    最後も綺麗に纏めてるのに背景の挿絵にろくなものがなくて台無しw挿絵が面白いよねこの作品はw

    農業問題に関しては何とも…絶対にこれが正解って言うのがあるわけでもないしね。まぁ次巻は修学旅行ではっちゃけてくれるみたいなので期待。

  • 特攻の拓ネタで2回笑った

  • 読了

  • 今回もテーマが重かった。

    農業を取り巻く状況について考えさせられる。

  • 日本の農業にとっていいことないんだろうな~くらいの知識しかなかったTPP。勉強になりました。日本が世界各地から輸入をして、供給が需要が上回るけれど、供給ラインは確保できるということにも、なるほど。良い作品だとしみじみ。林太郎がついにリア充の仲間入りをしましたが、いきなりでびっくりでした!継といい、友達たちの恋愛模様も描かれるのがおもしろいです。

  • いわゆる「ガチ」な話が5巻から引き続いてされます。
    ギャグやパロディで薄めていますが、それでも考えさせられますね。

  • ネットオフで購入して読み。

    ・ナタリー(アメリカ)、アリーナ(ブラジル)といった登場人物を通して、TPPとかについて考える巻。
    ・個人的にはこの巻初登場の、リョーコ先生こと拓魎子先生が好き
    ・TPPとか農業の自由化とかについての、誰もが納得できる答えは出ないだろうけど、ローカルな文化や、マイペースで農業したい人が守られるようにはしてほしいな、と個人的に思った。
    ---
    「途上国の土地を先進国が買い漁り、そこで農作物を生産する『ランドラッシュ』――これが新たな植民地主義として問題になっている」(p246)

    ---
    国家ごとに産業を分散させることを『国際分業』と呼ぶ。(p250)(アメリカが穀物を安く売り、コーヒー生産に適した途上国はコーヒーを作る)
    ---
    「だったらそもそも誰がTPPをやりたがってるのさ?」
    「穀物の輸出を司る『穀物メジャー』や、農家に肥料・農薬・F1作物をセットで売るアグロバイオ企業だ」
    「特に近年、アグロバイオ企業の存在が大きくなっている。ランドラッシュによって獲得された農地に植えられるのは大量生産に適したF1品種だ。穀物と種子を握ることによって世界の覇権を維持する…これがアメリカのプランだろう」(p251)
    ---

全19件中 1 - 10件を表示

のうりん 6 (GA文庫)のその他の作品

のうりん6 (GA文庫) Kindle版 のうりん6 (GA文庫) 白鳥士郎

白鳥士郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

のうりん 6 (GA文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする